広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

3月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(1)

2019年 日本の広告費 台頭著しいネット広告費の詳細は?

電通は3月11日、「2019年 日本の広告費」を発表。その結果、2019年の国内広告市場は約6兆9381億円となり、2012年にプラスに転じてから8年連続で前年を上回る結果となった。

特筆すべきはインターネット広告費の伸長だ。約2兆1048億円、6年連続2桁成長を記録した。そして、ついにはテレビメディア広告費の約1兆8612億円を超える結果となった。

そこで、D2C、サイバー・コミュニケーションズ、電通、電通デジタル4社は共同で、「インターネット広告媒体費(約1兆6630億円、前述のインターネット広告費から制作費と物販系ECプラットフォーム広告費を除いたもの)を広告種別、取引手法別などの切り口で分析・考察したものを3月17日に発表した。

調査によると、広告種別ではビデオ(動画)広告が約20%を占めるまでに成長し、前年比157.1%の約3184億円だった。

次に取引手法別で見ると、主流となっているのは運用型広告で、全体に占める割合は79.8%に上る。次いで予約型広告が全体の13.9%を占めるが、いずれの取引手法も前年比で2桁成長となった。

「引手法別×広告種別」では、運用型の検索連動型広告が全体の40.2%と最も構成比が大きく、次いで運用型のディスプレイ広告が24.2%と続いた。また運用型のディスプレイ広告が微減となる一方でビデオ(動画)広告は運用型(前年比145.1%)も予約型(同229.4%)も大きく伸びた。

SNSや動画共有プラットフォーム上で展開されるソーシャル広告は前年比126.0%の高い成長率で推移し、インターネット広告媒体費全体の29.5%を占める約4899億円となった。また、ソーシャルメディアの種類別に「SNS系」「動画共有系」「その他」に分類すると、SNS系が約2280億円で最も規模が大きく、その他が約1480億円、動画共有系が約1139億円となった。

最後に、2020年予測については、インターネット広告媒体費は、全体で約1兆8459億円(前年比111.0%)まで成長すると分析。「成長は緩やかになるものの、インターネット広告媒体費は継続して伸長し、2020年には全体で前年比111.0%、1兆8459億円になる」と結論付けられている …

あと71%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

3月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(2)
3月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(1)(この記事です)
サウジアラビアとUAE 2カ国から見る中東のエンタメ事情
新型コロナウイルスで大打撃 今、イベント業界に求められること
新型肺炎の影響で強みが裏目となったプロモーション業界
経営陣や決裁権者へのリーチに最適 東海道・山陽新幹線の広告媒体
情報銀行やホテル事業など 新規ビジネスに挑戦する新聞各社
電通が2019 年の日本の広告費を発表 「ネットがテレビを抜く時代」に
大型化が加速する OOHメディアのデジタルサイネージ
特別紙面、電子版、新企業 新たな取り組みに挑む新聞各社
民放連研究所が予測 2020年度のテレビ、ラジオの収入見通し
自動化される社会 中国のデジタル裁判所と著作権管理のいま
ゴールデン・スポーツイヤーズ 2年目から見る注目ポイント
広告のデジタルシフトが進む中、顕在化し始めた「実践」領域上の課題
2月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(3)
2月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(2)
2月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト (1)
大企業のスマートシティ計画 デジタルの発達で変わる「都市」の姿

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する