広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

サウジアラビアとUAE 2カ国から見る中東のエンタメ事情

吉本興業 志村一隆

ドバイのメディアカンファレンス。日本のアニメが人気だった(左)。右の写真はドバイの超高層ショッピングセンター「ドバイ・モール」。

筆者が中東訪問し、実感 門戸開かれ始めた中東エンタメ業界

先日、筆者は所用で中東を訪問。中東のメディアやコンテンツ事情の調査を兼ねたもので、現地で出会ったメディア業界やエンタテインメント業界の関係者らからは、さまざまな話が聞けたので、本稿ではその一部を紹介したいと思う。

まず、当たり前ではあるが、一口に「中東」と言っても、国ごとに事情が違う。例えば、アラビア半島の大部分を占めるのがサウジアラビアだ。面積は日本の約5.7倍。人口は約3370万人。人種の割合は、アラブ人の比率が70%を占めている。

そして、ペルシャ湾を挟み、イランの対岸に位置するのがドバイのあるUAE(アラブ首長国連邦)である。人口約963万人で、そのうちアラブ人はおよそ100万人、残りの900万人は外国人である。そのため、インターナショナルスクールが多く、ドバイ在住者はアラブ人、外国人問わず、ほぼ全員が英語を話せる …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

3月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(2)
3月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(1)
サウジアラビアとUAE 2カ国から見る中東のエンタメ事情(この記事です)
新型コロナウイルスで大打撃 今、イベント業界に求められること
新型肺炎の影響で強みが裏目となったプロモーション業界
経営陣や決裁権者へのリーチに最適 東海道・山陽新幹線の広告媒体
情報銀行やホテル事業など 新規ビジネスに挑戦する新聞各社
電通が2019 年の日本の広告費を発表 「ネットがテレビを抜く時代」に
大型化が加速する OOHメディアのデジタルサイネージ
特別紙面、電子版、新企業 新たな取り組みに挑む新聞各社
民放連研究所が予測 2020年度のテレビ、ラジオの収入見通し
自動化される社会 中国のデジタル裁判所と著作権管理のいま
ゴールデン・スポーツイヤーズ 2年目から見る注目ポイント
広告のデジタルシフトが進む中、顕在化し始めた「実践」領域上の課題
2月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(3)
2月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(2)
2月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト (1)
大企業のスマートシティ計画 デジタルの発達で変わる「都市」の姿

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する