広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

電通が2019 年の日本の広告費を発表 「ネットがテレビを抜く時代」に

明石庸司

2019年の日本の広告費 先行き不透明ながらも堅調に推移

新型コロナウイルスによる混乱が日を追うごとに広がっている。健康被害はもちろんのこと、その影響は世界同時株安など、経済・金融の世界にも及び始めた。テレビ各社や広告会社も、不要不急の会議を取りやめ、在宅勤務やテレワークにするなど、対応に追われている。

そんな最中、電通は3月11日、「2019年 日本の広告費」を発表した。今回のトピックスは、インターネット広告費が初めてテレビメディア広告費を抜き、2兆円を超えたことだ。インターネット広告費はここ10年で急成長し、マス四媒体広告費との関係性も逆転の様相を呈していたが、ついに最後の砦であるテレビ広告費を上回った。

2019年の総広告費は、通年で約6兆9381億円、8年連続のプラス成長となった。電通は、不透明な世界経済や相次いだ自然災害、消費増税に伴う個人消費の減退など厳しい風向きの中、インターネット広告やイベント関連が総広告費を押し上げる結果となった、と分析している。また、デジタルへのシフトがさらに進み、デジタルを起点にした既存メディアとの総合ソリューションも進化し、広告業界の転換点となった、としている。

ちなみに、今年の調査では、調査項目に「物販系ECプラットフォーム広告費」が新設されたほか、従来の「展示・映像ほか」は、「イベント」が加えられ、「イベント・展示・映像ほか」と項目名が改められた …

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

3月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(2)
3月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(1)
サウジアラビアとUAE 2カ国から見る中東のエンタメ事情
新型コロナウイルスで大打撃 今、イベント業界に求められること
新型肺炎の影響で強みが裏目となったプロモーション業界
経営陣や決裁権者へのリーチに最適 東海道・山陽新幹線の広告媒体
情報銀行やホテル事業など 新規ビジネスに挑戦する新聞各社
電通が2019 年の日本の広告費を発表 「ネットがテレビを抜く時代」に(この記事です)
大型化が加速する OOHメディアのデジタルサイネージ
特別紙面、電子版、新企業 新たな取り組みに挑む新聞各社
民放連研究所が予測 2020年度のテレビ、ラジオの収入見通し
自動化される社会 中国のデジタル裁判所と著作権管理のいま
ゴールデン・スポーツイヤーズ 2年目から見る注目ポイント
広告のデジタルシフトが進む中、顕在化し始めた「実践」領域上の課題
2月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(3)
2月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(2)
2月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト (1)
大企業のスマートシティ計画 デジタルの発達で変わる「都市」の姿

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する