広告マーケティングの専門メディア

宣伝担当者が知っておきたい 著作権なんでもQ&A

ラベルライターを使用した作品、著作物としての判断は?

岡本健太郎氏(骨董通り法律事務所)

宣伝担当者が知っておくべき著作権に関する基礎知識を身近なトピックスを例に挙げ、解説。19回目の今回は、表現手法の類似性について考えます。

    今月の質問

    あるアーティストが、ラベルライターを使ったアート作品を制作しました。当社は、その作品を知っていますが、ラベルライターを使った別の広告を制作する予定です。著作権法上、問題でしょうか?

POINT 1 著作物性

先日、テプラを表現手法とするアーティストが、テプラをモチーフにした広告を制作した会社に対して、パクリであるとクレームしたとの報道がありました。今回は、これを契機に、表現手法の類似性について考えてみます。

著作権法上、「著作物」とは、概要、思想又は感情を創作的に表現したものと定義されています(2条1項1号)。平たく言えば、人の考えや気持ちを、ある程度の個性をもって、外部に現したものが著作物です。表現に使用する素材や表現手法は、仮に独創的であっても、それ自体はアイデアなどにすぎず、著作物ではありません …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝担当者が知っておきたい 著作権なんでもQ&A の記事一覧

ラベルライターを使用した作品、著作物としての判断は?(この記事です)
同業他社と似たチラシのデザインに問題はある? チラシは著作物になるか?
ダンス動画の振り付けを一部転用したCMを作成する予定。著作権侵害の心配はある?
オリジナルのCMを制作、以前流行った曲に少しメロディが似ているのだけど著作権上、問題はない?
国内で撮影された記録写真を使用の予定。撮影者が不明な場合、著作権者の同意は必要?
デザイン性のある実用品、「応用美術」の著作物性とは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する