広告マーケティングの専門メディア

マーケターのための事業構想

TOKYO CANAL LINKSの挑戦

佐藤 麻紀子氏(寺田倉庫)

2017年から始まった東京の水辺をアートでつなぐプロジェクト「TOKYO CANAL LINKS」。参画する寺田倉庫は、東京湾岸を世界的なアートの発信地、そしてアートに親しむ人たちが集う場とすべく、施策を進めている。

「鉄工島フェス」にて、工場で実際に働く職人を劇中に巻き込んだ舞台の模様。約3000人を動員した。

寺田倉庫は、1950年創業の歴史ある倉庫会社だ。米を預かることで日本の台所を支えてきた創業当初の事業から、ワインや美術品などに最適な保管場所を提供するビジネスへと転換。さらに、BtoCサービス「minikura」で新規顧客の獲得にも力を入れている。

寺田倉庫が参画する「TOKYO CANAL LINKS」は2017年始動のアートプロジェクトだ。牽引する佐藤麻紀子氏は、「運河や川などの水辺が失われつつある今、東京湾岸部を文化で盛り上げ、東京の新しい文化をつくっていこうという狙いがあります」と話す …

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

マーケターのための事業構想 の記事一覧

TOKYO CANAL LINKSの挑戦(この記事です)
参加人数日本一を目指してきた「どまつり」21年間の軌跡
安価な植物工場で持続可能な農業を実現 福島からイチゴを通年供給
人口5万人の地方都市で「TEDx」を実現 「足元にある価値」を世界へつなぐ
青森・大間が「本州の端」から世界を舞台に躍進!
剣道にマネタイズを組み込む「剣道の経済圏」構想

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する