広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

大型化が加速する OOHメディアのデジタルサイネージ

オリコム 吉田勝広(デジタルサイネージコンソーシアム理事)

電車2車両が入るサイズ 超巨大サイネージが梅田駅に登場

2019年12月1日、OsakaMetro御堂筋線梅田駅のホームにある大型のデジタルサイネージ「Umeda Metro Vision」の放映がスタートした(広告放映は同月2日から)。アーチ型天井下壁面にやや傾ける形で設置され、通行者をまるで包み込んでいるかのような印象を受けた(写真)。やや高い位置にあるのでラッシュ時でも通行者に隠れて見えなくなることがない。また、電車の車両によっては、サイネージの画面でいっぱいになる車窓を拝めるという。

ギネス世界記録認定の「Umeda Metro Vision」。

驚くのはそのサイズで、高さ約4m、左右約40mもあり、「地下におけるLEDスクリーン最大ディスプレー(159.89㎡)」としてギネス世界記録に公式認定されている。「実物大の電車2両が入るサイズ」ともしているが、東京地区最大級のデジタルサイネージである「東急田園都市線渋谷ビッグサイネージプレミアム」が高さ約2m、左右が約25mなので、それとの比較でも業界関係者ならその大きさを実感できるだろう …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

大型化が加速する OOHメディアのデジタルサイネージ(この記事です)
特別紙面、電子版、新企業 新たな取り組みに挑む新聞各社
民放連研究所が予測 2020年度のテレビ、ラジオの収入見通し
自動化される社会 中国のデジタル裁判所と著作権管理のいま
ゴールデン・スポーツイヤーズ 2年目から見る注目ポイント
広告のデジタルシフトが進む中、顕在化し始めた「実践」領域上の課題
2月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(3)
2月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(2)
2月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト (1)
大企業のスマートシティ計画 デジタルの発達で変わる「都市」の姿
五輪オープニングイベントが開催された新国立 今後も「感動」生む場所に
販売上昇期にこそ打つべきプロモーション戦略
独自のデザインやデジタルとの連動で話題になった屋外看板
NIEはじめ、各地で見られる新聞活用の『新たな地平』
低調続くスポット収入 リーマンショック以降、最悪の状態に
1月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト (3)
1月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト (2)
1月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(1)
未来を感じた「NTT R&Dフォーラム」 生活様式を変える技術が登場

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する