広告マーケティングの専門メディア

米国NY発広告ビジネス最前線レポート

「Advertising Week NY」で語られた、ブランドと顧客の関わり方の変化

ニューヨークでマーケティングに関わるキーパーソンが一堂に会し、業界のこれからを議論するカンファレンスである「Advertising Week NY」が2019年9月23日から開催された。同カンファレンスは2004年に始まり、2019年に16年目を迎えた。セッションの一部を紹介する。

各セッションの開始前には、会場の前に長蛇の列ができていた。

依然として注目は「D2C」ブランドと消費者との関係に変化

今回の「Advertising Week NY」の中で、複数のセッションで取り扱われていたテーマが「D2C」。米国では、既存のブランドがスタートアップのD2Cブランドの成長によりシェアを奪われるなど、ブランドと消費者とのつながり方に変化が起こっている最中だ。

ブランドに合った方法でマーケティングチャネルを探る

D2Cの中でも比較的若いブランド4社による「Reinventing Retail “How to think like DTC startups”」のセッションでは...

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

米国NY発広告ビジネス最前線レポート の記事一覧

MightyHive、Xandra、Yext─NY企業視察レポート
Droga5、Wieden+Kennedy、SYPartners─NY企業視察レポート
「Advertising Week NY」で語られた、ブランドと顧客の関わり方の変化(この記事です)
データとコンテンツがダイレクトにつながる今後の広告界
NYで世界の広告ビジネスの最先端に触れる視察研修

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する