広告マーケティングの専門メディア

注目の広告業

SNSの影響力拡大を背景に広告×PRが融合した施策を支援

ソーシャルワイヤー

マーケティング施策としてのPR 拡大する市場ニーズに応える

デジタルPRサービスを提供するソーシャルワイヤーは、2006年に設立された企業。2008年にプレスリリース配信会社を買収。その後PR事業ではクリッピングサービス、さらに最近ではインフルエンサーマーケティングと、3つのサービスを展開する。

SNSの台頭を背景に、昨今は宣伝広告とPR活動の境界線がなくなりつつある。そこで同社の事業領域も狭義のPRからマーケティング活動支援へと拡張を続けてきた。

広報部門向けのサービスもメディア環境の変化に伴い、アップデートを続けている。同社、取締役副社長の庄子素史氏は、サービス内容の進化について次のように説明する。

「プレスリリース配信は、メディアを対象にしたものから、ダイレクトにSNSユーザーに届くよう変化している。@PressではTwitter上でのプロモート機能も内包し、NEWSCASTはターゲットに直接ニュースを配信することができるプラットフォームになっている。また従来...

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

注目の広告業 の記事一覧

SNSの影響力拡大を背景に広告×PRが融合した施策を支援(この記事です)
SNS活用のマーケティングツールで企業とファンを結ぶ、ユニークビジョンの戦略
全国各地のCMをデータベース化 エリア別の広告効果測定を支援
企業ニュースを動画で配信 PRにおける動画の活用を牽引
NTTデータグループに参画、ネットイヤーグループの 戦略とは?
月間アクティブユーザー数は950万 新たなマーケティングの場「TikTok」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する