広告マーケティングの専門メディア

広告企画

エンゲージメントを深化させる パーパスドリブンの実践メソッドとは

朝日広告社

朝日広告社は12月、「パーパスドリブンなコミュニケーションでステークホルダーとのつながりを深める! マーケターのためのブランドコミュニケーションセミナー」を開催した。日本でも浸透し始めてきている「パーパス」という概念を切り口に、ブランド価値をどう伝えるか、実践企業が登壇し事例を紹介した。

(写真左から)野村総合研究所 伊吹英子氏、同社 古西幸登氏、ユニリーバ・ジャパン 河田瑶子氏、朝日広告社 橋本和人氏

企業への期待の高まりを受けいま注目される"パーパス"

第1部ではパネルディスカッションが行われた。登壇したのはユニリーバ・ジャパンの河田瑶子氏、野村総合研究所の伊吹英子氏と古西幸登氏で、モデレーターは朝日広告社の橋本和人氏が務めた。

伊吹氏はパーパスに注目が集まっている理由として、①企業に対するSDGsなどの期待の高まり、②ミレニアル世代の台頭、という2点を挙げ「ミレニアル世代は、その組織の社会に対する姿勢を重視している。だからこそ、従業員や社外の関係者を巻き込む求心力をつくるうえで、明確なパーパスが必要とされている」と説明。

さらに河田氏は、そのパーパスを実現するためにブランドが消費者に何を伝え、どのようにアクションを起こすかを明確にしなければならないとし、それが実践できれば、ブランド・エクイティの形成や最終的な売上につなげることができると述べた。

第2部では朝日広告社の佐々木良之氏、西牧喜紀氏が登壇。パーパスをブランドコミュニケーションに落とし込む際のポイントとして、①スモールスタート、②目的を明確に設定、③明確に設定した目的に対してどのように評価していくか事前に決める、の3点を挙げ、「特にクライアントとの間で事前に、どのような方法で評価するかの認識をすり合わせておくことが重要。この3つを守りながら進めていくとプロジェクトはうまくいくのではないか」と述べた。

第3部ではカネボウ化粧品の中根志功氏と朝日広告社の平川慶一氏が登壇。CRMの事例として、カネボウ化粧品のアプリ「スマイルコネクト」を活用した、購入後フォローを含めた「顧客との対話」や「顧客視点で生み出すコミュニケーション文脈」についての取り組みが紹介された。

化粧品市場においては、様々な接点で獲得したCRMデータを統合して、顧客と来店前後に効果的なコミュニケーションを取ることで、「いつもの商品を安心して、より便利に買っていただくこと」が大切だ。そのために中根氏は、「顧客理解と顧客接点の改善が重要になる」と語った。

また2020年1月から、美ではなく希望を語るブランドを目指して「I HOPE.」を新たなタグラインに、全社挙げてのリブランディングを実施しているカネボウ化粧品。リブランディングに際し、会社やブランドの歴史を振り返ることで一貫して変わらないDNAを発掘し、未来に向けてパーパスを定義した。

この例から中根氏と平川氏は、「パーパスブランディング」は、新規顧客にも既存顧客にも定期的にブランドを思い出してもらう"リマインド効果"の高いコミュニケーションが期待できるという意見で一致。続けて、「お客さまだけでなく社内全体が同じ方向性を向いて行動することを促すことができるのがパーパスブランディングだ」と全体を総括し、セミナーを終えた。

    お問い合わせ

    株式会社朝日広告社
    〒104-8313 東京都中央区銀座7-16-12 G-7ビル
    TEL:03-3547-5400(代表/平日9:30~17:30)
    URL:https://www.asakonet.co.jp/

広告企画 の記事一覧

書く・聴く力と想像力養い、「本質」を伝えられるPRパーソンを目指す
パーパスが企業と消費者をつなぐ 言葉とデザインを生かすブランド戦略
エンゲージメントを深化させる パーパスドリブンの実践メソッドとは(この記事です)
AIを活用しCXを向上させる! データドリブンマーケティング
顧客体験の向上につなげる NTTドコモの「モバイル空間統計(R)」活用法
マーケターの、マーケターによる、マーケターのための組織への進化を宣言!
生活の中でのブランドコミュニケーション 心地よい場で「原体験」を生み出す
訪日・EC・現地販売をワンストップで支援 中国市場攻略のプロ集団「Dentsu CXC」
社会構造が激変する時代 いまアップデートが必要な5つの領域
これから求められるのは「π型人材」 転職経験を生かし、複数の専門性を身につけよう
ブランドの根底にある本質的な潜在価値が消費者の心を動かす
テレビデータの最前線─テレビ×購買で実現する新しいマーケティング活用
メディアコミュニケーションエージェンシー、Mediatorが目指すもの
企業のオウンドメディアブームが再燃 月間50万PV達成 コメ兵「KOMERU」の運営術
ソーシャルリスニングで旅行ニーズを可視化 新たなサービス創出の手がかりに ほか
QRコードを生かしたチェックイン機能で「デジタル×リアル」の新たなマーケティング施策を可能に
時代にマッチした超短尺のGIF動画広告がコミュニケーションの新しい世界を拓く
データ・ドリブンで広告宣伝業務を改革するダイキン工業の取り組みほか
SATORIで実現する匿名ナーチャリング(実名化)のメソッドほか

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する