広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

販売上昇期にこそ打つべきプロモーション戦略

統合プロモーション戦略センター 主宰 坂井田稲之

長引く消費反応の鈍さが、プロモーション業界停滞の原因に

成功の上で欠かせないプロモーションの「原則」というものが存在する。ひとつが、「機会伸長」の原則である。すなわち、プロモーションは販売の「上昇傾向」に用いてはじめて有効に機能する。換言すれば、プロモーションに対し、販売の下降傾向を上昇に転じさせるほどの多大な期待をかけるべきではない。このような場合には、商品、価格、流通という「マーケティングの根幹戦略」の見直しを先行するべきなのだ。

「成功するプロモーション」の大原則は、"プロモート(前に進ませる)"の意味通り、相対的に優位な立場にある市場を見つけ出し、そこにプロモーション資源を集中させること、とされる。

そうした点からも、昨今のプロモーション業界は長引く消費低迷の中で、正直、精彩を欠いている。実際、マーケティングの焦点は、絶え間のない着実な商品改良、厳格なコスト管理にもとづく価格戦略、ICTやAIを導入した流通戦略へと重点がシフトしてきている。

2020年、五輪開催も「販売上昇」への期待は厳しいか

さて、2020年の消費の動向はどうなるのだろうか。日本総研が2019年12月3日に公開した『リサーチ・レポート』の見立てでは、「消費増税後の個人消費は、軽減税率の導入や幼児教育・保育の無償化などを背景に、再び緩やかな増加基調に復帰する見通し …

あと57%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

大企業のスマートシティ計画 デジタルの発達で変わる「都市」の姿
五輪オープニングイベントが開催された新国立 今後も「感動」生む場所に
販売上昇期にこそ打つべきプロモーション戦略(この記事です)
独自のデザインやデジタルとの連動で話題になった屋外看板
NIEはじめ、各地で見られる新聞活用の『新たな地平』
低調続くスポット収入 リーマンショック以降、最悪の状態に
1月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト (3)
1月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト (2)
1月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(1)
未来を感じた「NTT R&Dフォーラム」 生活様式を変える技術が登場
「世界一のファンがいた」 RWC2019が閉幕
JAGATが『印刷白書』新刊を発行 印刷、プロモーション業界双方の課題とは
「100年に一度」の再開発で、媒体価値の上がった渋谷駅周辺エリア
ローカルメディアと地方紙が連携 異なる着眼点で、紙面活性化目指す
常時同時配信は本当に実現するのか?NHKと総務省のやり取りに注目が集まる
12月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト (2)
12月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(1)
ナイジェリアの映像コンテンツ一大集積地となる可能性
JACEがイベント業界の産業規模を発表

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する