広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

独自のデザインやデジタルとの連動で話題になった屋外看板

オリコム 吉田勝広(デジタルサイネージコンソーシアム理事)

"超遠隔"な自撮りができる看板 アナログ広告にデジタルな仕掛け

JR東京駅は、1日平均の乗降者数が約90万人と、新宿、池袋に次いで全国で3番目に多い駅だ。その八重洲側の駅前に設置されたユニークな屋外看板が話題となっている。「アールエフ」の文字に巨大QRコードと忍者のキャラクター、「この看板が自撮り棒っ?」と描かれている赤い広告だ(写真1)。

写真1 アールエフの「自撮り看板」(QRコード部分は加工しています)。

ためしにスマートフォンで看板のQRコードを読み取ってみると、専用のアプリが開かれ、操作画面に移った。ショッピングモール「グランルーフ」の指定の場所に行き、操作すると、驚くことに自分が立っているライブ映像が映し出されたのだ。看板付近に設置されたカメラによる"超遠隔"の自撮りが可能な仕掛けで、カメラの向きやズームイン・アウトの操作、写真の撮影・保存もできた。

設置した広告主は精密機器メーカーのアールエフ(長野県長野市)。医療CTと産業CTでは国内シェアトップクラスで、高い技術を持つ企業らしい試みだといえるだろう …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

大企業のスマートシティ計画 デジタルの発達で変わる「都市」の姿
五輪オープニングイベントが開催された新国立 今後も「感動」生む場所に
販売上昇期にこそ打つべきプロモーション戦略
独自のデザインやデジタルとの連動で話題になった屋外看板(この記事です)
NIEはじめ、各地で見られる新聞活用の『新たな地平』
低調続くスポット収入 リーマンショック以降、最悪の状態に
1月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト (3)
1月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト (2)
1月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(1)
未来を感じた「NTT R&Dフォーラム」 生活様式を変える技術が登場
「世界一のファンがいた」 RWC2019が閉幕
JAGATが『印刷白書』新刊を発行 印刷、プロモーション業界双方の課題とは
「100年に一度」の再開発で、媒体価値の上がった渋谷駅周辺エリア
ローカルメディアと地方紙が連携 異なる着眼点で、紙面活性化目指す
常時同時配信は本当に実現するのか?NHKと総務省のやり取りに注目が集まる
12月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト (2)
12月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(1)
ナイジェリアの映像コンテンツ一大集積地となる可能性
JACEがイベント業界の産業規模を発表

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する