広告マーケティングの専門メディア

「ポスト2020」広告マーケティングの行方

2020のマーケティング注目ワード(6) Cookie規制

太田祐一氏(DataSign)

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会がいよいよ2020年に開催される。注目が集まる年だが、ひとつの転換期として、その先である2020年以降に目を向けていく必要がある。人口の減少、少子高齢化などといったさまざまな問題が考えられる日本において、これからの広告・マーケティングをどのように考えていくべきか。その参考となるよう本特集では、宣伝会議編集部が注目するキーワード、メディアなどについて取り上げていく。

Explanation

Cookie(正式にはHTTP Cookie)とは、Webサーバ(Webサイト)がアクセスのあったブラウザに保存する情報、またはその仕組みのことを指します。Webサーバがブラウザ毎に識別するためのIDを割り振ることによって、ログイン状態の維持やアクセス解析などを行うために用いられることが多いです。

GoogleやFacebookは、ブラウザを識別するためのID(以下、「CookieID」)を保存できるというCookieの特性を活かしてさまざまなWebサイトから情報を収集する仕組み(いいね!ボタン等)を開発し、データを活用して莫大な利益を生み出しています。

さらに、これらの企業は、CookieIDと利用者個人を結びつけ、登録情報、友達関係などの情報も広告に用いることで精度の高いターゲティング広告を実現しています …

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

「ポスト2020」広告マーケティングの行方の記事一覧

「ポスト2020」広告マーケティングの行方の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する