広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

「100年に一度」の再開発で、媒体価値の上がった渋谷駅周辺エリア

オリコム 吉田勝広(デジタルサイネージコンソーシアム理事)

渋谷の新たなランドマーク ユニークな巨大広告媒体が登場

11月1日、渋谷一の高さを誇る高層ビルの大規模複合施設「渋谷スクランブルスクエア」が開業した。100年に一度と言われる再開発で、新たに生まれ変わった渋谷駅直結・直上の新ランドマークだ。

筆者が注目したのはビルの壁面2カ所に設置されたユニークな形をした大型ビジョン「渋谷スクランブルスクエアビジョン」だ。面積は渋谷ヒカリエ側が約156㎡、宮下公園側が約623㎡で、最大部は縦約25m、左右約40mにもなる巨大なものだ(写真1)

写真1 渋スクビジョン(略称)。

実はこのサイズは、東京都の屋外広告物条例や景観形成指針などの規制を大幅に超えている。しかし、まちの個性を生かした景観形成や、昼夜を問わずしての魅力の演出のため、2年以上前から関係者が協議し、指針を改訂。実証実験を経て、実装が認められた画期的なOOHメディアだ。広告収益は、渋谷駅周辺の賑わいづくりや交流の創出、清掃活動など渋谷のまちづくりのために還元されるとのことだ …

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

未来を感じた「NTT R&Dフォーラム」 生活様式を変える技術が登場
「世界一のファンがいた」 RWC2019が閉幕
JAGATが『印刷白書』新刊を発行 印刷、プロモーション業界双方の課題とは
「100年に一度」の再開発で、媒体価値の上がった渋谷駅周辺エリア(この記事です)
ローカルメディアと地方紙が連携 異なる着眼点で、紙面活性化目指す
常時同時配信は本当に実現するのか?NHKと総務省のやり取りに注目が集まる
12月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト (2)
12月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(1)
ナイジェリアの映像コンテンツ一大集積地となる可能性
JACEがイベント業界の産業規模を発表
流通への正しい理解なくしてプロモーションへの理解はない
ラグビーワールドカップ2019 開催地へ移動するファンを捉えたOOH 展開
ラグビーW杯の機運醸成に新聞各社がSNSを活用 音、映像を使った新聞広告も話題に
総務省 NHK常時同時配信の実施に再検討を要求 民放含め、テレビ業界への影響は必至
11月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(2)
11月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト (1)
成田との直行便が新設 豪州西海岸の都市・パースの戦略的重要性
国際園芸博は北京から横浜へ まだまだ続く日本のイベント黄金期

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する