広告マーケティングの専門メディア

宣伝会議サミット

広告が「ジャマ者」から脱却するためにコカ・コーラが取り組む3つのアプローチ

河合英栄氏(日本コカ・コーラ マーケティング本部 IMC バイスプレジデント)

宣伝会議は、2019年11月12日、13日にANAインターコンチネンタルホテル東京にて「宣伝会議サミット」を開催。「令和時代のアドエクスペリエンス」と題して、開催された本サミットでは、カスタマーエクスペリエンスの質を向上するカギとなる、広告を始めとしたマーケティング・コミュニケーションの今日的な進化のあり方を考える各種セッションを展開した。今号では広告・メディアビジネスの未来展望に関するマーケティング実務家による対談、講演、新たなマーケティング手法のプレゼンテーションについて、その一部を紹介する。

お金を払ってでも体験したい魅力的な広告コンテンツを目指す

消費者のテレビ離れが指摘される中、「テレビを視聴しながらスマホを見る」というマルチスクリーン視聴、「ドラマは録画し視聴する際は広告をスキップする」、「スマホでも広告をブロックする有料アプリがダウンロードされている」など、いま、企業広告が視聴者に届きづらくなっている。このような状況をどのように改善すればいいのか、日本コカ・コーラの河合英栄氏は「広告は『ジャマ者』から脱却できるのか~コカ・コーラが考える消費者起点のIMC戦略~」をテーマに講演を行った …

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝会議サミット の記事一覧

広告が「ジャマ者」から脱却するためにコカ・コーラが取り組む3つのアプローチ(この記事です)
日本が『MaaS』先進国になるために必要なデータ活用と新しいサービスとは?
令和時代の広告・コミュニケーション いま改めて考える「ブランド体験」とその役割
マスから個へ対象が変わる時代 最適なメディア、タイミングでコンテンツを届ける
令和時代のアドエクスペリエンスを考える「宣伝会議サミット2019」開催

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する