広告マーケティングの専門メディア

宣伝会議賞

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!

9月2日から応募の受付が開始された宣伝会議賞ですが、宣伝会議賞委員会では、このイベントの趣旨や意義、またコピーライティング未経験の方へのフォローアップのため、多数のイベント開催やコラム記事の展開などを行ってきました。このページではその一部をご紹介します。

阿部広太郎氏×田中泰延氏「宣伝会議賞」トークイベント

宣伝会議賞の募集開始を記念して開かれたトークイベント。登壇したのは本賞の応募・受賞経験を持ち、現在は宣伝会議賞・中高生部門で審査員を務める阿部広太郎氏と、「青年失業家」を自称する元・電通コピーライターの田中泰延氏。うまいコピーを書く秘訣として、両者は「量の先に質がやってくる」ということで意見が一致。まずはひたすら書いてみるようアドバイスしました。

コピーライティングの"ハウツー"をプロが伝授

左の写真は、本賞の応募者向け特別企画として金沢21世紀美術館で開催された、コピーライターの原晋氏と虎尾弘之氏による講演の様子。右の写真は、「コピーライティングのコツを教えて欲しい」という多くのご要望の声から開催に至ったワークショップの一コマ。講師はコピーライターの安田健一氏が務めました …

あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝会議賞 の記事一覧

平成時代の「宣伝会議賞」受賞作品の人気投票トップ10を発表
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!(この記事です)
第57回「宣伝会議賞」一般部門 応募総数の発表
キャッチコピーは応募者へのメッセージ 経験はすべて「今」につながっている
コピーライターが出張授業を実施 中高生にコピーの書き方を教える
アイデアに行き詰まったときは自分をいろいろな状況に置いてみよう
求めるのは私たちが気付いていない視点 企業が抱える課題に対する解決策を
憧れを憧れのままで終わらせない 力試しの機会になった「宣伝会議賞」
第57回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(6)
第57回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(5)
第57回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(4)
第57回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(3)
第57回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(2)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する