広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

ラグビーワールドカップ2019 開催地へ移動するファンを捉えたOOH 展開

オリコム 吉田勝広(デジタルサイネージコンソーシアム理事)

複数のオフィシャルスポンサーらOOHメディアを活用し、訴求を図る

日本の快進撃で大きな熱狂と興奮をもたらした今年のラグビーワールドカップ(以下、RWC)。開催期間中には、OOHメディアでもオフィシャルスポンサーらが広告展開を実施した。ワールドワイドパートナーのマスターカードは、開催直前の9月16日から決勝戦の翌日まで断続的に新宿駅や渋谷駅で大型ボードやフラッグ広告などを大規模に展開した。

特に好感度の高いリーチ・マイケル選手(ブランド・アンバサダー)の精悍な姿はアテンション効果抜群だった。「この感動をMastercardで。」は、大会が進むにつれて共感されるキャッチコピーとなっていったに違いない。

海外から来た人々のビール消費量が話題となったが、同じくワールドワイドパートナーのハイネケンもJR新宿駅の集中貼・大型ボードなどを中心に「ルールを知らなくたって、にわかで、いいじゃないか、ラグビーワールドカップ」とした展開を実施していた。

オフィシャルスポンサーの三菱地所グループは、スクラムを組んで名刺交換したり、デスクでゴールキックのようにアーモンドを指先で弾くしぐさをしたりするコミカルなテレビCMを山手線などの電車内のデジタルサイネージで放映している(写真1)。通勤や仕事で使う電車での放映は、テレビ媒体の補完だけでなく、より身近で共感しやすい訴求手段といえるだろう …

あと58%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

ナイジェリアの映像コンテンツ一大集積地となる可能性
JACEがイベント業界の産業規模を発表
流通への正しい理解なくしてプロモーションへの理解はない
ラグビーワールドカップ2019 開催地へ移動するファンを捉えたOOH 展開(この記事です)
ラグビーW杯の機運醸成に新聞各社がSNSを活用 音、映像を使った新聞広告も話題に
総務省 NHK常時同時配信の実施に再検討を要求 民放含め、テレビ業界への影響は必至
11月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(2)
11月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト (1)
成田との直行便が新設 豪州西海岸の都市・パースの戦略的重要性
国際園芸博は北京から横浜へ まだまだ続く日本のイベント黄金期
政府主導の需要の落ち込み対策がプロモーション業界に問うものとは?
駅構内をピンク色に空間ジャック! ナイキの「誘目性」高いOOH展開
「食」を通じた社会貢献 地域事情に精通する販売所の新事業
民放連 今年度のテレビ営業収入見通しを下方修正
10月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(2)
10月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(1)
BS放送新規参入企業3社の新たなビジネス戦略を考える
もうひとつのラグビー世界大会 「車いすラグビーワールドチャレンジ」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する