広告マーケティングの専門メディア

宣伝会議賞

コピーライターが出張授業を実施 中高生にコピーの書き方を教える

今年で「宣伝会議賞」中高生部門を開設してから4年目になりました。広告界の発展を目的に実施している同賞ですが、中高生部門では、早くから広告やコピーに触れていただくことを目的にしています。賞と連動して、まだ広告制作やコピーライティングに馴染みのない中高生に、現役コピーライターである「宣伝会議賞」審査員を講師に迎え、出張授業を実施。今年は東京を中心に、東京都と福岡県あわせて10校以上で出張授業を行いました。本記事ではその一部をご紹介します。

東京都立富士高等学校附属中学校
中学1年生120名を対象に、10月号にも登場した安路篤氏による授業を実施。「チュッパチャプス」の課題に取り組み、生徒たちがグループに分かれて話し合いを行い、その後に生徒たちからコピーの発表が行われました。

東京都立第三商業高等学校
高校3年生90名を対象に、矢谷暁氏が授業を実施。コピーライターとはどのような職業か、自身のコピーを使って説明を行いました …

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝会議賞 の記事一覧

キャッチコピーは応募者へのメッセージ 経験はすべて「今」につながっている
コピーライターが出張授業を実施 中高生にコピーの書き方を教える(この記事です)
アイデアに行き詰まったときは自分をいろいろな状況に置いてみよう
求めるのは私たちが気付いていない視点 企業が抱える課題に対する解決策を
憧れを憧れのままで終わらせない 力試しの機会になった「宣伝会議賞」
第57回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(6)
第57回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(5)
第57回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(4)
第57回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(3)
第57回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(2)
第57回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(1)
第57回「宣伝会議賞」中高生部門、作品募集中!

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する