広告マーケティングの専門メディア

人生100年時代のマーケティング戦略

元気に頑張る人を応援し続けるリゲイン エイジングケアの新商品発売

アイム

「24時間、戦エマスカ。」のキャッチフレーズとともに国民的なブランドとなったリゲイン。ブランド誕生から31年目を迎えた今年、「人生100年時代」を見据えた新商品「リゲイン トリプルフォース」が発売された。販売元であるアイムの担当者に話を聞く。

リバオール、ビオタミン、パンテチン。第一三共オリジナル3成分を配合していることが、「トリプルフォース」という商品名の由来となっている。

既存商品との棲み分けから「人生100年時代」に行きつく

バブル経済期の1988年に三共(現:第一三共)から発売されたドリンク剤「リゲイン」。1989年の第6回「新語・流行語大賞」(自由国民社)では、テレビCMなどで大々的に宣伝されたキャッチフレーズ「24時間、戦エマスカ。」が銅賞を受賞。「Regain」(再び元気になる)というブランドコンセプトを貫きながら、リゲインは頑張る人を応援し続けてきた。

そんな国民的ドリンク剤ブランドであるリゲインブランドから、2019年2月に新商品「リゲイン トリプルフォース」が発売された。"若々しさを保つ(エイジングケア)"というコンセプトのもと、開発された錠剤のリゲインで、"再び元気になる"というブランド価値の拡張からまれた商品だ。

製薬会社である第一三共ヘルスケアの科学的エビデンスに基づきながら、リゲインシリーズの集大成として「リゲイン トリプルフォース」は開発された。「人生100年時代」の超・長寿時代を迎えつつある中で、いつまでも健康を維持したい、いつまでも若々しくありたいと願う人々を応援するブランドとしてリゲインブランドを再定義した商品になっている …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

人生100年時代のマーケティング戦略の記事一覧

人生100年時代のマーケティング戦略の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する