広告マーケティングの専門メディア

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本

「ダイレクトマーケティングのクリエイティブ」の秀逸事例

現在のダイレクトマーケティングは、アナログとデジタルが組み合わされ、目的によって様々な施策が実施されています。優れたダイレクトマーケティングのクリエイティブの事例について、兼松氏と神岡氏が解説します。

兼松経営
代表取締役社長
兼松祐二 氏

中小企業診断士。経営コンサルティングとダイレクトマーケティングによる売上向上支援を実施。著書に共同執筆「新DMの教科書」(宣伝会議)、「経営戦略実務バイブル」他多数。

電通ダイレクトマーケティング
オンオフ統合クリエーティブ部
クリエーティブディレクター
神岡豪 氏

大手広告会社・外資系広告会社で、ダイレクトレスポンス・CRMのクリエイティブに従事。PRエージェンシーを経て、2017年より現職。

    case 01 進研ゼミ(ベネッセコーポレーション)受験準備講座


    受験勉強に早くから取り掛かる意識が低下しているといわれる中、高2の1月から受験準備講座に取り組んでもらうことを目的にしたDM。このDMの嫌われないポイントは、「強力なコピーによりライバルを映像化し危機感を一瞬で生みだしたこと」だと感じます。先を行くライバルをイメージさせたことで、受け手自身だけに投げかけるよりも、即時に不安が生みだされ、売り込み広告意識が排除された点が秀逸と感じます。

    受け取り時に目に入る力強いメッセージ「2018年、1月13日。今日、50万人のライバルが動き始めた。キミはどうする?」により、広告主から受け手への1対1のメッセージだけではなく50万人の目が気になるようにさせた"コピーの力"が、嫌われないコミュニケーションを実現できたと考えます(兼松氏)。

    case 02 ソフトバンク「10年間の感謝を込めたあなただけのケータイアルバム」


    2018年度、全日本DM大賞のグランプリ施策。新機種への変更や新サービス導入の促進と、ロイヤル顧客化を目指し、長期継続利用をしている顧客に対してDMを発送。DMは、ユーザーが今まで使ってきたケータイ機種をアルバムのようにまとめたもので、一人ひとり異なる"ケータイの歴史"を、機種の写真とコピーで綴っています …

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本の記事一覧

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する