広告マーケティングの専門メディア

マーケターのための事業構想

青森・大間が「本州の端」から世界を舞台に躍進!

島 康子氏(Yプロジェクト)

「マグロのまち」で有名な青森県大間町。毎年多くの観光客が押し寄せる。しかし、かつてはマグロがまったく流通していなかったという。ドラマの舞台となったのをきっかけに、地元有志らがまちおこし。牽引した島康子氏のモットーは「理屈こねる前に、まんず動け!」だ。

『朝やげ夕やげ横やげ~大間超マグロ祭り』の目玉は、マグロの解体ショー。解体されたマグロはその場で販売される。

1998年、都会暮らしを経て青森県大間町にUターンした島康子氏。そのときに感じたのは、地元のおもしろさだったという。「(地元が)嫌で出て行ったはずなのに、言葉も人も食べ物も、毎日とにかくおもしろくてたまらなかった。町は変わっていなかったから、自分のものさしが変わったんですね」。

島氏は『ひみつの本州最北端』というホームページをつくり、面白ネタの配信を行った。「未知の人たちとつながるうちに、『本州のはじっこ』だという劣等感が、『世界の中心』だという感覚に変わった」 …

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

マーケターのための事業構想 の記事一覧

青森・大間が「本州の端」から世界を舞台に躍進!(この記事です)
剣道にマネタイズを組み込む「剣道の経済圏」構想
イノベーションで地元の「足」を持続可能に
「誰もが自由に資金調達できる」世界へ
学校の課題とニーズに対応 国際交流授業の「垣根」をなくす
在留外国人の経済圏をつくるプラットフォームを展開

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する