広告マーケティングの専門メディア

広告企画

広告が注目されるには「Moment of Next」が重要 高精度AIが的確なタイミングで最適なユーザへリーチ

タブーラジャパン

「経験と構想をシェアする2日間―マーケティング界“大収穫祭”」と題して行われたアドタイ・デイズ2019(秋)。「企業・ブランドの顔になるコピーづくり」「産業としての広告界の未来」「トップCDOが考えるデジタルマーケティングの本質」「20代だからこそできる?10代~around20 マーケティング」など、さまざまなテーマで登壇者が講演、対談を行った。また会場では、「第11回販促会議企画コンペティション(販促コンペ)」の受賞作品の展示を行うなどの企画も行った。当日のセミナーの一部をレポートしていく。

Taboola APAC Vice President Jonny Harvey氏。

タブーラは、データとディープラーニングを活用したアルゴリズムで、特定のコンテンツに関心があるユーザーを見つけるプラットフォームを開発・運営する、グローバルカンパニーだ。

月間ユニークユーザー数は世界のオンライン人口の約半分にあたる14億人。34カ国語でコンテンツレコメンドを行い、月間約15億のクリック数を記録。データはすべてプラットフォームを通して集約する。FIグランプリのピットストップ作業の世界新記録は1.88秒だが、タブーラのAIはその瞬間、5万人のユーザーに、最も関連性が高くクリックされそうな広告を予測し配信する。

日々膨大な情報にさらされる消費者に注目される広告とはどのような広告なのか。同社APAC Vice Presidentのハーベイ氏は、「答えはいたってシンプル。ブランドに注目がいくかどうかの決め手は、クリエイティブとコンテキスト。それに的確なタイミングでメッセージを送ること(Moment of Next)です」と話す。この「Moment of Next」がキーワードとなる。

例えば、同じ広告でも、プッシュ通知・ポップアップ型でUXを阻害して介入した場合と、シームレスかつ自然に見えて、コンテンツを探しているタイミングでリーチするのでは、ユーザーの感じ方に大きな差が出る。

同社のWebサイト「Taboola Trends」では、同社のデータを分析したクリエイティブに関するトレンドが無料で確認できる。今注目されているクリエイティブやテキスト、よく読まれている記事のキーワード、視聴完了率が高い動画のクリエイティブの特徴など、国別、カテゴリー別の最新情報を知ることができる。

    お問い合わせ

    Taboola Japan株式会社
    〒105-0003 東京都港区西新橋2-11-8-4F
    TEL:03-6872-6461
    E-MAIL:media-sales-jp@taboola.co.jp
    URL:http://www.taboola.com/ja

広告企画 の記事一覧

転職はプラス、マイナスどっち? 「マーケターのキャリア」篇
単一プラットフォームで調査から広告配信まで一気通貫で提供するLINEのBtoBソリューション
無興味層へのアプローチは今いるファンの育成から ファン層の拡大に成果をあげるSNSマーケティング
来店や購入に確かにつなげる リテール業界のアプリマーケティング最前線
オフラインの購買データをレシートから取得 ブランド横断的で詳細なユーザー分析が可能に
「好意的な感情による拡散」を実現する キャラクターマーケティングの真価とは?
パワフルでスピーディーな顧客理解を実現する データ可視化での直感的なマーケティング分析とは
広告が注目されるには「Moment of Next」が重要 高精度AIが的確なタイミングで最適なユーザへリーチ(この記事です)
若年層の間で人気急上昇中の「ライブ配信」 その魅力や成功のコツを『ゆうこす』と徹底解説
オープンイノベーション型プロジェクト 「生活者に心地よいコミュニケーション」を探求
これからのヘルスケアマーケティング 医師がお墨付きを与える商品評価サービス「AskDoctors」
『決済者』へリーチする マスプロモーションとしてのタクシー広告
データ統合で既存顧客の気持ちを可視化 ロイヤル度を高めるマーケティング戦略
成功するオウンドメディアの企画・運用 潜在顧客にリーチしてブランド成長に
事業の多角化に伴い、求められるインナーブランディング
転職はプラス、マイナスどっち?「マーケターのキャリア」篇
デジタルとアナログの融合の先に新しいアイデアが生まれる─第34回全日本DM大賞募集開始
活用の可能性をマーケターと議論 ウフル「IoTマーケティング研究会」
「Salesforce Connections」に見るマーケターが踏み出すべき次の一歩は?
ラグジュアリーブランドのLINE活用が増加 いまLINEとコンデナストが組んだ理由
リアルイベントとSNSをつなぐ「写真撮影」をマーケティングに利用
デジタル活用で始める「グローバルマーケティング」最初の一歩

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する