広告マーケティングの専門メディア

注目の広告業

NTTデータグループに参画、ネットイヤーグループの 戦略とは?

石黒不二代 氏(ネットイヤーグループ)

ビッグデータを使ってより適切なUXの設計を支援する

米国においてインターネットビジネスが勃興し始めていた90年代に、シリコンバレーにあるスタンフォード大学で学んでいたネットイヤーグループ代表取締役社長 CEOの石黒不二代氏。「当時のシリコンバレーは、新しいビジネスモデルに溢れていた」と話す。

なかでも、石黒氏が注目したのがユーザーエクスペリエンス(UX)だ。1999年、アメリカで浸透していたUXのコンセプトを日本に持ち込みNetyear Group, Inc.の子会社として、ネットイヤー・ナレッジキャピタル・パートナーズ(翌年、ネットイヤーグループに改称)を設立するに至った。「当初はWebマーケティングの会社として活動していたが、その過程を通じて国内におけるUXについての理解・啓蒙を促し、市場を牽引してきた自負がある」と石黒氏は語る。

会社設立から20年、日本においてもデジタルマーケティングという言葉が一般的になるなかで、同社の業務領域も大きく広がってきた …

あと70%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

注目の広告業 の記事一覧

NTTデータグループに参画、ネットイヤーグループの 戦略とは?(この記事です)
月間アクティブユーザー数は950万 新たなマーケティングの場「TikTok」
ネットに交通広告 アグリゲーターとしてアジアで事業拡大─AdAsia Holdingsの戦略
展示会から始まりマーケティング全般に事業を拡大

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する