広告マーケティングの専門メディア

マーケターのための事業構想

イノベーションで地元の「足」を持続可能に

松本順 氏(みちのりホールディングス)

「みちのりHD」は、経営不振に陥った地域の交通会社を傘下に収め、事業のオペレーション改善や新しいテクノロジーを導入することで、電車やバスなど「市民の身近な足」の維持・確保に努めている。

人手不足に苦しむバス会社が多い中、みちのりホールディングスグループでは、女性運転士・整備士を積極的に採用している。

みちのりホールディングス(みちのりHD、東京都千代田区)は、福島交通、関東自動車、湘南モノレールなど東北や関東の6つの公共交通会社をグループに抱える。2009年の設立以降、赤字を抱えた公共交通会社を次々と傘下に収め、路線再編や経営改善を進めてきた。同社代表取締役グループCEOの松本順氏に、人口減が進む地域における事業経営について聞いた。

松本氏は、「公共交通に関して地方自治体がまず考えるべきことは、ネットワークの持続性の確保です。地域住民だけではなく、観光客など来訪者にとっても利便性の高い交通手段にすることができれば、生産性は向上します。生産性が高まれば、公共交通は持続可能になります」と述べる …

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

マーケターのための事業構想 の記事一覧

イノベーションで地元の「足」を持続可能に(この記事です)
「誰もが自由に資金調達できる」世界へ
学校の課題とニーズに対応 国際交流授業の「垣根」をなくす
在留外国人の経済圏をつくるプラットフォームを展開
エイベックスのオープンイノベーション
情報発信で島と世界の「御縁」をつなぐ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する