広告マーケティングの専門メディア

ブランディングから「BRAND+ing」 の時代へ

強いブランド資産はなぜ、ビジネスの成長を加速させるのか?

原 純子氏(ランドーアソシエイツ)

前号では、「ブランド資産はそれ自体がビジネスの根幹となり、中長期的な戦略構築の道しるべになる」とお伝えしました。最終回となる本号では、このブランド資産に不可欠な「ブランド体験」と、ブランドサイクルに関する考察を経て、幕を閉じたいと思います。

ランドーの創立者であるウォルター・ランドーは「製品は工場でつくられるが、ブランドは心の中につくられる」という言葉を残しています。ブランドには、人間の持つ感情的な側面によって評価され、蓄積されて、人にアクションを起こさせるという特性があるのです。この心の動きのメカニズムを表したもののひとつが「ブランド体験」と呼ばれ昨今、注目されています。

ブランド体験においては価格(リーズナブルか否か)や利便性(買いやすい、利用しやすい)など、当たり前に消費者に求められる要素と相反するような体験が、ときに顧客のロイヤリティを醸成します。製品やサービスのプレミアム化は、こうした体験により、顧客をファン化させた結果、起きる現象と言えるでしょう。

つまりは...

あと70%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ブランディングから「BRAND+ing」 の時代へ の記事一覧

強いブランド資産はなぜ、ビジネスの成長を加速させるのか?(この記事です)
なぜ「BRAND+ing」が必要なのか? ブランド資産がもたらす価値
企業の成長を地域の成長につなげる、ローカル企業のブランディング
重要性が高まる「エンプロイーエクスペリエンス」(EX)
グローバルで一貫したブランド表現をする上で直面する課題
一貫した表現を発信するためのフレームワーク

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する