広告マーケティングの専門メディア

REPORT

女性インサイトを捉えた事例を紹介 Girls Marketing Collection 2019

消費の主役として、常にマーケティング活動において重視されてきた若年女性。宣伝会議では「Girls Marketing Collection 2019」をテーマに若年女性のインサイトをマーケティングに生かしたいファッション・ビューティー企業とライフスタイル・フード&ドリンク企業向けのカンファレンスを開催した。

(左から)アマナデザイン コンテンツストラテジストの浜嶋祐衣氏、indaHash カントリーマネージャーの野村肇氏、アマナ 執行役員 兼 アマナデザイン 取締役の佐藤勇太氏。

身の丈に合った記事を好む傾向 "等身大"に共感する女性たち

6月24日、宣伝会議では女性のインサイトについて議論を深め、女性向けマーケティングの最新事例を共有する「Girls Marketing Collection 2019」を開催した。主にファッション、ライフスタイル系の商品を扱う企業を対象に、1日で合計5講演が行われた。

第1部の基調講演には、パルの敷田有香氏、ストライプインターナショナルの澤田昌紀氏、ロクシタンジャポンの小松花氏が登壇した。

続いて「女の子の毎日を楽しく」するための記事を配信しているMERYの青木秀樹氏が登壇。青木氏は「デジタルが生活に浸透したことで、細分化されたコミュニティが乱立するように、いかに生活者に共感してもらい、トレンドへと波及していくかがカギになっている」と昨今の環境について指摘をした。

憧れよりも共感が重視される今、MERYの記事でも背伸びをしない、身の丈に合った記事が支持されているという。そして今は「お手本が響きづらい時代」と結んだ。

続いてビジュアルとコンテンツの制作・運用・活用を手掛けるアマナとポーランド発でインフルエンサーと企業と結びつけるビジネスを展開するindaHashが、Instagram活用をテーマに講演。コンテンツマーケティングやInstagramの概況や注目されている背景について解説された …

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

REPORT の記事一覧

女性インサイトを捉えた事例を紹介 Girls Marketing Collection 2019(この記事です)
アドベリ対応、日本の広告界の現状─「デジタル広告における意識・実態」調査を実施
Adobe Summit2019開催 エクスペリエンスが競争軸になる時代のマーケターの役割
AOKIの新たな挑戦 「Aoki Tokyo」が目指す顧客体験とは?
スポーツの熱狂をビジネスに生かすには? スポーツマーケティングコレクション2019

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する