広告マーケティングの専門メディア

社会を進化させるコミュニケーションの知恵

佐藤可士和さんに聞く、領域を超える 「デザイナー進化論」

佐藤可士和氏(SAMURAI)

博報堂でアートディレクターを務めた後、独立。ユニクロ、楽天、セブン-イレブンなど、さまざまな経営者をクリエイターとしてサポートしてきたSAMURAIの佐藤可士和氏。産業界、そして社会におけるデザイナー、クリエイターの役割を拡張し続けてきた佐藤氏が考える「デザイナー進化論」とは。

SAMURAI クリエイティブディレクター 慶応義塾大学特別招聘教授 佐藤可士和氏
博報堂を経て「SAMURAI」設立。主な仕事に国立新美術館のシンボルマークデザイン、ユニクロ、楽天グループ、セブン-イレブンジャパン、今治タオルのブランドクリエイティブディレクション、「カップヌードルミュージアム」「ふじようちえん」のトータルプロデュースなど。近年は文化庁・文化交流使として日本の優れた商品、文化、技術、コンテンツなどを海外に広く発信していくことにも注力している。毎日デザイン賞、東京ADCグランプリほか多数受賞。著書「佐藤可士和の超整理術」(日本経済新聞出版社)ほか。

閉じた職人にならずに思考をデザインする力を生かす

広告に留まらず、さまざまな領域に仕事の幅を広げたいとの想いから博報堂を独立し、SAMURAIを立ち上げた佐藤可士和氏。以後、ユニクロのグローバルブランド戦略やカップヌードルミュージアムのトータルプロデュースなどに携わり、デザインが果たす役割の新たな可能性を提示し続けてきた。

2012年からは、慶應義塾大学の特別招聘教授に就任。現在、同大学の湘南藤沢キャンパスで「未踏領域のデザイン戦略」というテーマの講義も受け持っている。そこでは、デザインを狭義に捉えるのではなく、広義に捉えることを教えているという。

「デザインの定義とは一言で表現すれば、ビジョンをビジュアライズすること。イメージを人に伝わる形にするまでのプロセスの管理ともいえます」と佐藤氏。意匠的な意味ではなく、思考法という広義の捉え方をしている …

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

社会を進化させるコミュニケーションの知恵の記事一覧

社会を進化させるコミュニケーションの知恵の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する