広告マーケティングの専門メディア

Pick Up!(PR)

宣伝会議 AdverTimes Days 2019 Springレポート(6)

プレイド/ユニークビジョン×アサヒビール×GMOユナイトエックス

宣伝会議は4月23日、24日の2日間にわたり、東京国際フォーラムで「AdverTimes Days 2019 Spring」を開催。宣伝会議が発行する4媒体『宣伝会議』『販促会議』『ブレーン』『広報会議』が関わる、マーケティング、宣伝、販促、経営企画、クリエイティブ、広報などの分野の実務家が集まり、72のセミナーと59のブース展示を実施した。

今年の「アドタイ・デイズ」のテーマは「HOPE」。目の前の課題より少し視線を上げて未来を見つめ、そこに新しい希望を見つけることができないか、議論を行った。本号では、マーケティング・広告界で活躍する登壇者らによるセミナーの様子をレポートする。

「人軸」でのデータ統合と一人ひとりに合わせた体験の創出

近年、CXの重要性が高まっている。プレイドの坂部雅之氏は、消費者は高度にパーソナライズされたCXを求めているというアクセンチュアの調査結果を紹介し、国内の市場背景を解説した。

プレイドではCXプラットフォーム「KARTE(カルテ)」で、消費者がサイト上でどのような行動を取っているのかをリアルタイム解析で可視化することで、最適なCXの提供をサポートしている。

ボルボ・カー・ジャパンの関口憲義氏は、自ら名付けた「ボーンCRM」と「逆O2O」というキーワードを紹介。高級外国車では古くから人によるCRM的な顧客対応が展開されており、今後はボーンCRMによってオフラインで得ていた情報をオンラインへ統合することで初めて究極のCXが実現できると話した。

坂部氏は、VOLVOが「KARTE」を用いてどのようにCXを高めているのかを紹介しながら、関口氏にオフラインとオンラインのデータをシームレスにつなぐことの重要性について質問した。

これに対して関口氏は、「ECのように瞬時に結果が出るビジネスモデルではリアルタイムにPDCAを回すことができるが、そうではない高級外国車やブランド品のように購入サイクルが長いものであればあるほどオフラインとオンラインをシームレスにつなぎ、消費者のライフスタイルに寄り添った体験の提供が大事になる」と回答。

関口氏は、「KARTE」導入によって「これまでVOLVOのネットワークに訪れていなかった方も、見込み顧客として店頭と共有できるようになった。そこにかかるコストも低く、グローバルでも最も効率の良い販売ができている」と評価した。

(写真左から)ボルボ・カー・ジャパン マーケティング・ディレクターの関口憲義氏、プレイド Directorの坂部雅之氏。

    お問い合わせ

    株式会社プレイド
    〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 10F
    E-MAIL:support@plaid.co.jp
    URL:www.plaid.co.jp


ID単位のコミュニケーションが可能に SNSを活用したキャンペーン施策

ソーシャルメディアの活用コンサルティング、またAPIを使ったSNSマーケティングツール「Belugaシリーズ」を展開しているユニークビジョン。代表取締役社長の白圡氏は、同社の事業を各メディアの特性と紐づけながら紹介。

例えば、Twitter。白圡氏は、「タイムラインとDMという、いわばパブリックとプライベートを自由に行き来できること可能」と指摘する。その上で、「インスタントウィンやインスタントリプライなどの機能を有する『Belugaキャンペーン』、会話型キャンペーンを可能にする『Belugaチャットボット』を活用することで、パブリックとプライベートの両面でコミュニケーションができる」と話した。

続いてアサヒビールの玉手健志氏とGMOユナイトエックス代表取締役の稲葉裕一郎氏の3氏が、アサヒビールの事例をもとにパネルディスカッションを行った。

事例のひとつとして、玉手氏はユニークビジョンのツールを使用したLINEのインスタントウィンキャンペーンを紹介した。施策は、アサヒビールとアサヒ飲料のLINEアカウントを有機的に連動させ、お互いのユーザーを巻き込む仕組み。数十万人単位の消費者を動かしたキャペーンの手ごたえが語られた。

最後に白圡氏は、「ソーシャルメディアを活用したキャンペーンは、参加者がID単位で捕捉できる点が大きな強み。どのような属性の方が、どのキャンペーンに、いつ参加してくれたのかが分かるので、今後のマーケティング、コミュニケーション施策にも生かしやすいのは魅力なのではないか」と締めくくった。

(写真左から)GMOユナイトエックス 代表取締役社長の稲葉裕一郎氏、アサヒビール マーケティング本部 副課長の玉手健志氏、ユニークビジョン 代表取締役社長の白圡良之氏。

    お問い合わせ

    ユニークビジョン株式会社
    〒160-0022 新宿区新宿2-12-8 ACN新宿ビル4階
    TEL:03-6434-9993
    URL:https://www.uniquevision.co.jp/

Pick Up!(PR) の記事一覧

事業会社と広告会社で働く違いって、何?
人間では敵わないレベルでの改善が可能 AI活用が機先を制するカギに
宣伝会議 AdverTimes Days 2019 Springレポート(6)(この記事です)
宣伝会議 AdverTimes Days 2019 Springレポート(5)
宣伝会議 AdverTimes Days 2019 Springレポート(4)
宣伝会議 AdverTimes Days 2019 Springレポート(3)
宣伝会議 AdverTimes Days 2019 Springレポート(2)
宣伝会議 AdverTimes Days 2019 Springレポート(1)
除菌・消臭サービス「ZiACO」が ママ向けWeb動画で問合せ10倍に!
小売りとメーカーがレシピ動画でコラボ ライフの店頭サイネージ活用術
ドコモのTikTokを活用したブランディング戦略
インフルエンサーマーケティング 鍵は「長期的な施策にする」という考え方
BtoBマーケティングの極意 「明確な目的」が最良の戦略を導く
ヘルスケア領域に特化 サドラー・ジャパンが考えるストーリーテリング
初の「新聞広告のためのCM」が放映に 澤本嘉光氏に聞く、制作の舞台裏
TikTokでブランドのターゲット拡張に挑戦、「メイベリン ニューヨーク」の取り組み
ADKとIBMが共同事業を始動 いま、両社がタッグを組んだ理由とは?
ママ視点で「十六穀ごはん」を訴求 動画に初挑戦した「はくばく」の狙い
2商品がコラボしたレシピ動画で実現 クロスカテゴリープロモーション
多様な目的に利用されるAI 「目的」ではなく「手段」として活用するために
グランプリはディノス・セシール 第33回「全日本DM大賞」受賞作品発表

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する