広告マーケティングの専門メディア

Pick Up!(PR)

インフルエンサーマーケティング 鍵は「長期的な施策にする」という考え方

UUUM

UUUMは3月25日、「ブランドへの共感・理解を深める最新インスタグラムマーケティングセミナー」を渋谷で開催した。昨今、生活者への有効なリーチ手法として、Instagramに注目が集まっている。セミナーでは、Instagramの運用やInstagramクリエイターの活用のポイント、および先進的な取り組みをしている企業の実例を紹介した。

クリエイターとマーケターのマッチングを支援

UUUMは2013年に創業、動画クリエイターやInstagramクリエイターなどのマネージメントやインフルエンサーマーケティング事業を展開している。インフルエンサーについて、選定や関係性構築、パフォーマンス分析など、ワンストップで管理できるプラットフォーム「LMND(レモネード)」を運営していることから、本セミナーを開催した。

第1部では「ライフスタイル&テクノロジー」を事業領域とするストライプインターナショナルの澤田昌紀氏が講演を行った。同社提供のファッションサブスクリプションサービス「メチャカリ」では、月額で新品の服を貸し出している。2015年から開始した同サービスは、当初マス広告で認知拡大を図ったが実際の利用促進には繋がりづらく、インフルエンサーを活用したことで、認知から理解、親しみへと態度変容をさせたという。

具体的には、ファッションの嗜好性とデモグラフィックをかけ合わせて4つのターゲットを設定。ターゲットに近い12人のインフルエンサーに指定の投稿を依頼し、ファッション軸と価格軸で仮説を立てて検証したところ、サービス開始以降、順調な推移で売上向上に繋がっていると述べた。

第2部ではUUUMの石橋尚也氏が講演を実施。石橋氏からはまずInstagramの概況や動画クリエイターとInstagramクリエイターの違いなどの説明があった。また、アメリカのInstagramクリエイターの3つの分類も紹介し、次のように話した。

「3つの分類とはフォロワー数による違い。メガ・マクロ・マイクロに分かれている。メガは1億人のフォロワー数を誇るクラス。日本の場合は、桁数が違うが、タレントの渡辺直美さんがメガでフォロワーが800万人となっている。当社の場合、マクロインフルエンサーと契約している」(石橋氏)。

インフルエンサーマーケティングの本質については、「基本的にはクリエイターやInstagramクリエイターに対して、エンゲージメントを高める施策でありCRMに近く、IRM(Influencer Relationship Management)とも呼んでいる。要は短期でなく長期的な施策にするという考え方」と説明した。

石橋氏は最後に、同社が提供するプラットフォーム「LMND(レモネード)」はワンストップでクリエイターとマーケターをマッチングして、業務進行管理まで行うツールであると説明。「登録しているInstagramクリエイターはのべ3000人で、彼らのフォロワー数はのべ9000万人。提供メニューは、タイアップ投稿、クリエイティブ制作がメイン。ステルスマーケティング防止の啓蒙活動も行っている」と述べた。

第3部では澤田氏、石橋氏に加えてキリンの加藤美侑氏が登壇してパネルディスカッションを行った。議題はインフルエンサー活用における目標設定や効果検証、さらに実施における社内リソース配分の悩みなどが中心で、有識者として石橋氏が回答した。石橋氏は「今後も引き続きIRMの普及を通して、ブランドとインフルエンサーの更なるリレーション向上に繋げていきたい」と方針を語り、セミナーを締めくくった。

UUUM
執行役員
レモネードユニット統括
石橋尚也氏

    お問い合わせ

    UUUM株式会社
    〒106-6137 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー37F
    TEL:03-5414-7255
    URL:https://lmnd.jp/

Pick Up!(PR) の記事一覧

インフルエンサーマーケティング 鍵は「長期的な施策にする」という考え方(この記事です)
BtoBマーケティングの極意 「明確な目的」が最良の戦略を導く
ヘルスケア領域に特化 サドラー・ジャパンが考えるストーリーテリング
初の「新聞広告のためのCM」が放映に 澤本嘉光氏に聞く、制作の舞台裏
TikTokでブランドのターゲット拡張に挑戦、「メイベリン ニューヨーク」の取り組み
ADKとIBMが共同事業を始動 いま、両社がタッグを組んだ理由とは?
ママ視点で「十六穀ごはん」を訴求 動画に初挑戦した「はくばく」の狙い
2商品がコラボしたレシピ動画で実現 クロスカテゴリープロモーション
多様な目的に利用されるAI 「目的」ではなく「手段」として活用するために
グランプリはディノス・セシール 第33回「全日本DM大賞」受賞作品発表
決め手はインサイトを突いた企画制作力 女性に響いた「コフレドール」の動画戦略
ショートムービーアプリ「TikTok」がクライアント課題を解決するチームを発足
産学協働で企業が持つデータを研究者が解析 デジタル・アナログ融合の効果を実証
バレンタイン商戦で売上UPを実現! 動画と店頭を連動した「オレオ」の施策とは
クルマ以外の新たな接点をつくる「Mercedes-Benz LIVE!」の挑戦
ユーザーの多様な属性が魅力 Gunosyが仕掛ける女性向けアプリ「LUCRA」
「料理への活用経験」が9ポイントUP 『明治ステップ らくらくキューブ』の戦略
「食べ方提案」で新しい消費シーンを創出 ベビースターラーメン売上前年比110%超

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する