広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

地方紙発の情報誌が企業・学校と連携 キャリア教育や地域活性化を促進

宮浦 慎

地方紙のキャリア情報紙誌が活況 地元で働く魅力伝える

進学や就職を考える中高生、大学生向けの無料情報紙誌を発行する地方紙が増えている。学校を通じ学生らに直接届けるのが特徴。学校のキャリア教育を支援したり、地元での就職を促したりすることが狙いだ。先行する新聞社からは、人手不足が進む中で企業側の掲載希望が強まっているとの声が聞かれた。担当記者が大学のキャリア講座を受け持つなど、教育機関との連携を深める動きもある。

地元紙ならではの情報誌を発行 学校通じ学生に直接届ける

デーリー東北新聞社は2月22日、中高生向けの情報誌「カナエルはちのへ」を創刊した。6月、12月の年2回発行。青森県八戸市内の企業で働く従業員の仕事ぶりや想いを取り上げる。八戸市内の全中高生に無料配布し、進路の検討に役立ててもらう。

「カナエルはちのへ」はA4判全カラー。創刊号は28ページ。巻頭特集では、地元書店の漫画、文芸書、販売促進の各担当者に仕事の魅力ややりがいを聞いた。地元企業で働く10人のインタビューも収録した。発行部数は1万6000部。八戸市内を中心に中学・高校計52校に配布した。キャリア教育や職業体験学習での教材としての活用を見込む。企業の人材確保を支援する狙いもある。

同社によると、八戸圏の企業は人手不足や高卒就職者の離職率の高さに悩んでいる。地元紙の信頼や取材力、営業力を生かした情報誌を、時間をかけて中高生と地元企業を繋げる「地域への種まき」と位置付ける。54社・団体の協賛を得た …

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

3月~5月の人事情報総覧 4月の広告界ニュースダイジェスト(3)
TCC新会長に谷山雅計氏他、4月の広告界ニュースダイジェスト(2)
4月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(1)
吉本興業がアジア最大の動画配信会社iflixに出資 日本の映像作品を供給
イベント展示会産業の展望 2021年以降のビジョンへ期待
運用型広告が前提のいま データから新しい価値を創発する洞察力が問われる
第11回東京屋外広告コンクール 受賞作品が発表に
地方紙発の情報誌が企業・学校と連携 キャリア教育や地域活性化を促進(この記事です)
AMラジオのFM転換 民放連が両放送の併用を要請
英・広告制作者協会(APA)主催 「東京ロンドン広告フォーラム」が開催に
3月の注目ニュースは? 広告界ニュースダイジェスト(2)
3月の注目ニュースは? 広告界ニュースダイジェスト(1)
地上波では放送できない4Kをいかに届けるか 独立U局で4K同時再送信を実施
イベントプロデューサー堺屋太一氏の見た夢 「イベント産業」の父逝く
頑張れ!プロモーションの根幹は「直接的な購買動機付け機能」
有楽製菓、明治、ロッテのチョコレート3社が新宿駅でバレンタイン広告の競演
地方新聞社が有料電子版を開設・刷新 時代のニーズに合わせて月額1,000円以下に
FMとradikoを搭載した「ラジスマ」が発表に 使用シーンに合わせた使い分けが可能
成長可能性を秘めるミャンマー市場 デジタルや広告で成功を図る企業たち

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する