広告マーケティングの専門メディア

Pick Up!(PR)

決め手はインサイトを突いた企画制作力 女性に響いた「コフレドール」の動画戦略

コフレドール、エブリー

カネボウ化粧品のコスメブランド「コフレドール」は、動画プロモーションに動画メディア「KALOS」を活用。魅力ある商品を続々と投入するコスメブランドは、広告やコンテンツがすぐに埋もれてしまうのが実情だ。そんな中、「コフレドール」は継続的な動画施策を実施し、読者から大きな反響を呼んだという。その理由と取り組みについて聞いた。

(左から)
エブリー マーケティングソリューションズ マネージャー 小渕ちあき氏
カネボウ化粧品 マーケティング部門 コフレドール担当 五十嵐糸氏
エブリー マーケティングソリューションズ アカウントエグゼクティブ 吉田早紀氏

キーワードを軸に、新規ユーザーの商品理解を促進したい

五十嵐:カネボウ化粧品では様々なコスメブランドを展開していますが、「コフレドール」は20~30代の女性向けコスメブランドです。今回依頼したアイテムのひとつが、上手く隠せないという声が多い「クマ」を隠すオレンジ色のコンシーラーです。「クマ」の要因は様々ですが、近年増えてきている傾向にあるのは、スマートフォンの見過ぎなどによって目の周りの血行が悪くなることでできる"青グマ"。これを自分ゴト化し実感してもらうため、時流に合わせ「スマホグマ」というキーワードをつくり、プロモーションを図りました。

その中で、コフレドールとターゲット層が一致していて、動画で利用シーンを訴求できる「KALOS」さんにご依頼しました。もうひとつ依頼したパウダーファンデーションは、冬はうるおうタイプを使用したいというニーズの高いアイテムです。今回はそんなニーズにマッチしたうるおい感に特化したファンデーションであることを伝えたく、単にハウツーではない語りかけ方はないかとご相談しました。

ピンポイントな悩みをフックに動画でユーザーの共感を醸成

吉田:1本目のコンシーラーは「スマホグマ」をきれいに消せるという商品と伺い、ユーザーとの親和性があるなと感じました。動画内では、まず「スマホグマ」とはどういう状態なのか、一因は夜に長時間スマホを使うことだということをしっかりとシーンで見せました。非常に機能性が優れた商品だったため、オレンジ色のコンシーラーで青いクマがキレイに消えるところを、動画ならではのビフォーアフターで見せるようにしました。

ターゲット層の女性たちがやりがちな行動でフックを作り、商品の効果もしっかり伝えることで、ユーザーの納得感を醸成できるハウツー動画になったと思います。

五十嵐:「KALOS」は、25歳~34歳の女性にアプローチすることができ、現代の働く女性たちが抱える悩みを捉えた切り口で企画してくださったのがありがたかったです。"より綺麗になりたい"というのではなく、"気になるクマを隠したい"というお悩みは、しっかり解決されなければ意味がありません。クマに気づくところから、塗る場所、指の使い方など細かいところまで分かりやすくまとめて頂きました。動画は、聞いたり写真で見たりするより理解が圧倒的に早いなと感じましたね。

吉田:2本目のファンデーションは、季節的に冬だったため、この時期気になる肌の乾燥をテーマに「デート」というシチュエーションでご提案しました。また、こちらの施策はSNSの他にも美容室のタブレット端末でも配信しました。

小渕:掲載が12月後半からということもあり、クリスマス前で美容室の需要が高まる時期です。髪をきれいにするのと同時に、デートシーンを動画で見せることで「冬デートには乾燥していない生湿感なお肌でうるっと女らしく」という訴求はその時期の美容室にピッタリ合うと思いました。

五十嵐:こちらはコンシーラーと同じモデルさんにお願いしたのですが、テーマに合わせて仕草など可愛く工夫してくださり、美容室のサイネージでも、じっくり見てしまう動画になっていました。コスメブランドとしては、つい目がいってしまう可愛さやシチュエーションはやはり大事で、女性たちのインサイトを捉えた動画メディアならではの訴求ができたと思います。

コンシーラーは、ビフォーアフターで機能をしっかり伝えた。

ファンデーションは季節感を重視したじっくり見られる動画で訴求。

動画再生数も保存数も平均の2倍 じっくり見たくなる動画ノウハウ

吉田:1本目のコンシーラーは、最近の他のタイアップと比較しても、Instagramの動画の保存数が2倍以上という結果で、動画に対して好感を持ったユーザーが多いと考えています。ブランドリフト調査でも、商品認知・商品好感度・商品利用意欲全ての項目で高い結果になりました。

継続してお取り組みさせていただいた2本目のファンデーションは、Instagramでの再生回数が平均と比較すると251%を達成。動画保存数も平均に比べて400%と非常に良い結果になりました。季節感を重視した、冬のデートでは乾燥肌でファンデがうまく乗らないというお悩みに対して、「生湿感肌が実現できるコフレドールのファンデーション」を紹介することで、自分の肌に自信を持ってデートを楽しめる訴求がユーザーにマッチしたのではないかと思います。

「KALOS」で制作した動画はFacebookとInstagramとYouTubeで配信していますが、プラットフォームによってユーザー層が異なるため、それぞれタイトルを少し変えています。

五十嵐:こうしたSNSごとのユーザーの傾向分析は我々も行っていますが、とても学びがありました。動画内のタイトルからテロップ文言まで一つひとつ丁寧に検討して頂けるので、継続してお任せしています。さらに、美容室などリアルなサイネージとの連携もされていて、リーチできるユーザーが広がっているので、今後も動画を活用したコミュニケーションを続けていきたいですね。

小渕:「KALOS」では、25歳~34歳の女性たちにどんなお悩みがあるのか、SNSを通じてインサイトの深掘りは常に行っています。コメントへの返信や、ストーリーズを活用したヒアリングなど、動画メディアならではの相互的なコミュニケーションをすることで、ユーザーに寄り添ったコンテンツづくりをしています。今後もメディアへの接し方が増えている中で、「KALOS」の様々なタッチポイントを開拓していければと思います。

「KALOS」を選んだポイント

POINT1▶ 20~30代の女性にアプローチできる
POINT2▶ 現代の働く女性たちのインサイトを捉えた企画制作力
POINT3▶ SNSだけでなく、オフラインでもユーザーにリーチできる

    お問い合わせ

    株式会社エブリー
    〒106-6238 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー38階
    TEL:03-6434-5267
    URL:https://corp.every.tv/
    E-mail:info@every.tv

Pick Up!(PR) の記事一覧

多様な目的に利用されるAI 「目的」ではなく「手段」として活用するために
グランプリはディノス・セシール 第33回「全日本DM大賞」受賞作品発表
決め手はインサイトを突いた企画制作力 女性に響いた「コフレドール」の動画戦略(この記事です)
ショートムービーアプリ「TikTok」がクライアント課題を解決するチームを発足
産学協働で企業が持つデータを研究者が解析 デジタル・アナログ融合の効果を実証
バレンタイン商戦で売上UPを実現! 動画と店頭を連動した「オレオ」の施策とは
クルマ以外の新たな接点をつくる「Mercedes-Benz LIVE!」の挑戦
ユーザーの多様な属性が魅力 Gunosyが仕掛ける女性向けアプリ「LUCRA」
「料理への活用経験」が9ポイントUP 『明治ステップ らくらくキューブ』の戦略
「食べ方提案」で新しい消費シーンを創出 ベビースターラーメン売上前年比110%超
熱狂ファンはブランドに貢献する? JAPAN CMO CLUB「CAMP TOKYO」開催に
博報堂プロダクツの「顧客化力」を行動経済学を取り入れて進化させる!
NTTドコモ 国際事業部は、いかにしてマーケティングの業務改善を実現したか?
「ぐるなび データライブラリ」から見えた「外食のビッグデータ」利活用の可能性
新・現金送金サービス キャッシュバックキャンペーンや返金など多様な利用法
LEXUSが目指す世界観を表現 ラグジュアリーの新しい解釈
来たるAI・音声検索・訪日外国人の時代 消費者に選ばれる企業のオンライン施策とは
「獺祭」が若手クリエイターとコラボ「DASSAI DESIGN AWARD 2018」最高賞が決定

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する