広告マーケティングの専門メディア

EDITOR'S PICK キャンペーン

「リポビタンD」と「カメ止め」コラボ 感謝を伝えるサプライズムービー

大正製薬「カンシャを止めるな!supported byリポビタンD.」

通販限定「リポビタンD ありがとうBOX」のプロモーションとして、映画「カメラを止めるな!」の上田慎一郎監督との初コラボPRムービー『カンシャを止めるな!』を制作した。大正製薬ダイレクト公式YouTubeチャンネル、大正製薬ダイレクトオンラインショップ内にて2月25日から公開。

リポビタンDで"ありがとう"の想いを伝える

大正製薬は、通販限定「リポビタンD ありがとうBOX」のプロモーションとして、一躍時の人となった、2017年公開の映画「カメラを止めるな!(以下、「カメ止め」)」の監督・脚本・編集の上田慎一郎監督との「カメ止め」後初コラボPRムービー『カンシャを止めるな!』を制作し、大正製薬ダイレクト公式YouTubeチャンネル、大正製薬ダイレクトオンラインショップ内にて2月25日から公開した。

頑張る時の1本というイメージが強いリポビタンDだが、「頑張っている人にリポビタンDを渡す」というシーンも以前から多くあったという。その行動の根本には"ありがとう"の想いがあることに注目し、専用の箱にして、より渡しやすい商品にしたという。こうして、プロモーションのきっかけとなった「リポビタンD ありがとうBOX」が生まれた。

139日間、劇場に通い続けた曽我さんに監督が感謝のドッキリ

本企画では、この商品を使い、感謝を伝えるドッキリ計画を決行し、ムービーを制作した。ドッキリのターゲットは、上田監督自身が「今、最も感謝を伝えたい人」として選んだ、「カメ止め」でテレビ局員役を演じた曽我真臣さん。「カメ止め」では合計1分16秒という短い出演時間ながら、劇場公開から139日間連続で自主的に舞台挨拶や劇場に通い続けた。そんな曽我さんに感謝を伝える、サプライズドッキリの模様を追った。

ドッキリの仕掛け人には、上田監督をはじめ、主演の日暮隆之役を演じた濱津隆之さん、子役の母親役の佐渡未来さんも参加。撮影には合計11台ものカメラを用意し、事前に入念なリハーサルを実施。舞台裏で沢山のスタッフのドタバタも見られる「カメ止め」要素が詰まった作品となっている …

あと56%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

EDITOR'S PICK キャンペーン の記事一覧

コクヨ Twitter DM bot機能を活用したシミュレーションゲーム
「リポビタンD」と「カメ止め」コラボ 感謝を伝えるサプライズムービー(この記事です)
昭和?平成?それとも新元号「令和」? チョコボールが性格診断実施
ネスカフェが体験型「睡眠カフェ」オープン コーヒー飲み分けで良質な睡眠を
ジョージア がんばる人をテレビCMと「平成のフチ子」で応援
湖池屋が平成最後のポテトチップス発売 『平成最後の日』を賞味期限に
明治が、新聞広告で「ごめんね」!? 実はチョコレートは低GI食品
カネボウ化粧品が『敏感』をテーマに紀伊國屋書店でブックフェア開催
アロンアルフア「くっつけ青春プロジェクト」第3弾 ムービーとお守りで受験生応援
PANTENEが「髪」で話題となった2人の女性と一歩前に踏み出す勇気をサポート
浅田飴が「映画ドラえもん」を応援! コンテスト&クイズキャンペーン
Honda「#あなたはあなたを走れ」 ティーザーやCMで問題提起
カロリーメイトが勉強に集中したい受験生の「禁スマホ」を応援!
Indeedの特別求人「たくみひろい」 ハロウィン翌日に清掃活動

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する