広告マーケティングの専門メディア

PRの新常識を創るクリエイティブPR

『良好』なだけでは足りない! エクセレントな関係が必要とされている

神谷 準一氏(神谷製作所)

消費者を対象に広告だけを使ったマーケティング活動では、市場にインパクトを起こしづらい時代。クリエイティブPRの視点から考える、新しいマーケティングの在り方を解説します。

はじめまして。神谷製作所の神谷です。神谷製作所は3年前に「未常識を新常識に変える」をミッションに「クリエイティブPR」を実現する組織として立ち上げた会社です。

一般的にPRの概念とは企業を取り巻く消費者・株主・採用候補者など様々なステークホルダーとの情報環境を、メディアを効果的に使うことによって良好に保つこととされてきました。しかし、もはや"良好"を目標にしていては、足りないのではないか。現代の混沌とした情報環境では良好以上に、エクセレントな関係づくり、複数のステークホルダーに深く刺さるコミュニケーションを行わなければ事業成長は望めないのではないか。そんな課題感が、クリエイティブPRを掲げる神谷製作所の設立につながっています。

それでは、なぜクリエイティブPRについてマーケティング専門誌の『宣伝会議』誌上で連載を展開するのか。ここ数年、トリプルメディアの概念に代表されるように、広告もPRも融合した施策が求められてきたことが理由のひとつです …

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する