広告マーケティングの専門メディア

宣伝担当者が知っておきたい 著作権なんでもQ&A

動画CMにBGMを使用。既存楽曲を利用する際に必要となる権利処理とは?

岡本健太郎氏(骨董通り法律事務所)

宣伝担当者が知っておくべき著作権に関する基礎知識を身近なトピックスを例に挙げ、解説。7回目の今回は、権利侵害の際の対応について考えます。

    今月の質問

    当社では、新入生や新入社員を対象にした応援キャンペーンを行います。動画CMを作成し、BGMを流す予定ですが、既存の楽曲を利用する際に、必要となる権利処理を教えてください。

POINT 1 著作隣接権

今回は、これまでの連載で触れていなかった、「著作隣接権」を取り上げます。

「著作隣接権」は、実演家、レコード製作者、放送事業者など、著作物の伝達に重要な役割を果たす者に認められる権利です。「実演家」には、俳優、舞踊家、歌手、演奏家、演出家などが含まれ、実演家の権利には、例えば、自分の実演を録音・録画する権利があります。「レコード製作者」とは、レコード原盤(≒音源)の製作者を言い、その権利(原盤権などとも呼ばれます)には、例えば、レコードを複製する権利があります …

あと70%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝担当者が知っておきたい 著作権なんでもQ&A の記事一覧

動画CMにBGMを使用。既存楽曲を利用する際に必要となる権利処理とは?(この記事です)
同じ名称、似たイラストで、似たパッケージの商品を販売されたらクレームを言える?
昔の名作映画を利用したプロモーション 著作権法上、注意すべきことは?
SNS上に投稿された写真をシェアやリツイート 著作権法上、注意すべきことは?
イラストの類似性と著作権侵害の可能性
ある風景を広告写真に利用、同じ風景写真がすでに利用されている場合、著作権侵害になる?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する