広告マーケティングの専門メディア

マーケターのための事業構想

情報発信で島と世界の「御縁」をつなぐ

岩永太陽 氏(島宿御縁 代表)

リゾート施設もコンビニもない離島で旅館&ゲストハウスを立ち上げ、外国人客を呼び込み、スタッフとしても外国人を活用、積極的な情報発信を行う。島宿御縁のオーナー、岩永太陽氏は「子どもたちに、『この島でもやれる』ことを見せたい」と語る。

岩永氏は海外のボランティア募集サイトを使い、食事と住居が無料という条件などでスタッフを集める。ワーキングホリデーの外国人などが、世界中から集まってくるという。

九州本土から西へ約50㎞、長崎県 五島列島の北部にある人口約2,500人の小値賀島。雄大で美しい独特の景観と海岸美、日本の原風景が残る島として知られ、リゾート施設もコンビニもない。その小値賀島で10を超える国・地域から外国人宿泊客を呼び込んでいるのが、2015年にオープンした「島宿御縁」だ。リピーターも多く、直近の稼働率は90%を超えるという。

島宿御縁のオーナー、岩永太陽氏は小学校2年から高校までを小値賀島で過ごし、高校卒業後はアメリカに留学。TESOL(英語教授法)の資格を取得し、2003年に帰国して英語塾講師や飲食店スタッフ、外国人向けツアーガイドなどに従事した …

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

マーケターのための事業構想 の記事一覧

情報発信で島と世界の「御縁」をつなぐ(この記事です)
行政と企業が連携して「歩きたい」空間をデザイン
新しい発想で「畳」を楽しい成長産業へ導く
自動車教習所の新ビジネス データを活用し高齢者の運転寿命を伸ばす
想いをつなぐブロックチェーン スポーツ選手をデジタルギフトで応援
持続可能な地域づくりへ新構想 「地方創生ICO」で資金を調達

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する