広告マーケティングの専門メディア

広告の舞台裏

マンダムがコミュニケーションを刷新 時代に合ったブランドへの進化

マンダム

昨年秋、マンダムの「GATSBY(ギャツビー)」はデジタルに重点を置いたコミュニケーションに大きくシフトしました。その背景にあった課題と成果について、同社 コミュニケーションデザイン部の渡辺雅史氏と面田浩史郎氏にイー・スピリット代表の足立茂樹氏が話を聞きました。

「ギャツビー スキンケア GATSBY COP スタート篇」

Twitter企画を強化しデジタル上での存在感を高める

足立:マンダムさんの中で「GATSBY(ギャツビー)」はどのような位置づけのブランドですか。

渡辺:ギャツビーはスタイリング、デオドラント、洗顔、スキンケアというさまざまなカテゴリーからなるブランドです。中でもスタイリングは国内で45%のシェアを誇っています。また現在12の国と地域で展開していますが、特にインドネシアでの認知率は100%で、自国のブランドだと思っている人もいるほど浸透しています。

足立:ギャツビーは貴社のトップブランドということですね。昔からギャツビーのテレビCMは独特の雰囲気で、次々と大物俳優を起用しては、宇宙人を演じたり、モヒカン頭にしたりと、面白くてやんちゃな、ちょっと尖ったコミュニケーション展開をされている印象があります。2018年9月には、6年ぶりにキャラクターを刷新してコミュニケーションをリニューアルされましたが、どのような狙いがあったのでしょう。

渡辺:ギャツビーは高校生から大学生ぐらいまでをメインターゲットにしているのですが、実購買層は10~50代と幅広い年齢層になります。50代以上の方々はブランド立ち上げ時から使っていただいており、そのままロイヤルユーザーになってくださっています。しかし、ブランドとしてはエイジングを避けて、いつの時代もヤング男性の方々に使っていただきたいという想いがあります。

足立:ロングセラーならではの悩みですね。ターゲットからはギャツビーは自分たちより上の年代の人のブランドと思われているのでしょうか。

渡辺:実はターゲット層から見ると、ドラッグストアなどで手に取りやすいギャツビーは、スタイリング剤を使い始める中学生が使うような子どもっぽいブランドイメージを持たれていることが今回のキャンペーン実施前の調査で分かったのです …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告の舞台裏 の記事一覧

マンダムがコミュニケーションを刷新 時代に合ったブランドへの進化(この記事です)
発売から30年以上経ても成長 「午後の紅茶」の広告戦略
顧客層に寄り添う広告戦略 「earth」の全世代マーケティング
コーポレートメッセージを発信し『一流感』の醸成を目指す
ブランド構築は積み重ねが重要 リニューアルにも同じチームで挑む
事業領域の拡大とともに進化する、RIZAPのCM活用戦略

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する