広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

地方新聞社が有料電子版を開設・刷新 時代のニーズに合わせて月額1,000円以下に

宮浦 慎

1日利用、法人向け設定で普及を図る 外部プラットフォームとの連携も

地方各紙が3月1日、相次いで有料電子版を開設・刷新した。1日利用や法人向けの料金を設け普及を図る。無料で読める外部プラットフォームへの記事配信と有料電子版の双方でデジタル事業を成長させる方針を示す事例のほか、月額1,000円を切る動画見放題サービスなどが人気を集める現状を踏まえ、利用料の水準を引き下げる動きも見られた。

徳島新聞社は有料の「徳島新聞電子版」の販売を始めた。人口減少と部数の漸減が続く中、早期にデジタル発信の体制を整えることが必要だと判断した。

本紙と併読する場合の月額利用料は購読料プラス972円(税込み。以下同)、電子版単体は3,888円。1日単位(1,080円)でも利用できる。

月額5,400円からの法人向け料金も設定した。同時にアクセスできる人数によって金額が決まる。契約企業が自社の人事や経営情報などを電子版内で配信できる機能も導入した。

同社は2018年、ヤフーやスマートニュースなどへの記事配信を始めていた。無料で読める外部プラットフォームへの配信と有料電子版の双方でデジタル事業の活性化を図る。電子版にはオリジナル記事も掲載。限られた人員でコンテンツをどう充実させるかが課題だという。

山口県の宇部日報社も有料電子版「SARATTO(サラット)」の販売を開始。スマートフォンに親しむ若年層と接点を持ち、情報を届けることが狙いだ。

月額利用料は、本紙と併読の場合は購読料プラス300円。単体では2,160円。法人は1契約で数人が同時にアクセスできるようにした …

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

英・広告制作者協会(APA)主催 「東京ロンドン広告フォーラム」が開催に
3月の注目ニュースは? 広告界ニュースダイジェスト(2)
3月の注目ニュースは? 広告界ニュースダイジェスト(1)
地上波では放送できない4Kをいかに届けるか 独立U局で4K同時再送信を実施
イベントプロデューサー堺屋太一氏の見た夢 「イベント産業」の父逝く
頑張れ!プロモーションの根幹は「直接的な購買動機付け機能」
有楽製菓、明治、ロッテのチョコレート3社が新宿駅でバレンタイン広告の競演
地方新聞社が有料電子版を開設・刷新 時代のニーズに合わせて月額1,000円以下に(この記事です)
FMとradikoを搭載した「ラジスマ」が発表に 使用シーンに合わせた使い分けが可能
成長可能性を秘めるミャンマー市場 デジタルや広告で成功を図る企業たち
スポーツイベントとSDGs イベントは新しい社会の価値を示すことができるのか
「RFID」で進む店舗運営の革新 購買時点クリエイティブに『一発必殺力』が求められる
通行者を立ち止まらせた、占いボード 「自分ごと化」を仕掛ける工夫
新聞社が始めたオンデマンド調査報道 読者に寄り添い、隠れた問題を発見
2019年度テレビ・ラジオ営業収入見通し発表 ラテとも3年連続減を予測
新聞各社が「終活」事業に活路 読者層と世代が合致し「終活相談窓口」を目指す
「視聴者投票権」という新たなビジネスモデル 韓国のTV番組『PRODUCE 101』
PayPay「100億円」キャンペーン キャッシュレス時代のプロモーションの課題とは?
「2025年国際博覧会」55年ぶりに大阪での万博開催が決定に

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する