広告マーケティングの専門メディア

           

EDITOR'S PICK キャンペーン

カネボウ化粧品が『敏感』をテーマに紀伊國屋書店でブックフェア開催

フリープラス「敏感を愛そう。」な一冊フェア

2019年より「敏感を愛そう。」をブランドメッセージとして新しいプロモーションを展開。

"敏感"は弱さではなく"繊細さ" ネガティブイメージをポジティブに

カネボウ化粧品の敏感肌研究から生まれたブランド「フリープラス」は、肌も心も敏感なアジア女性を、スキンケアを通じて応援したいという想いから、2019年より「敏感を愛そう。」をブランドメッセージとして新しいプロモーションを展開している。その一環として、紀伊國屋書店とコラボレーションし「『敏感を愛そう。』な一冊フェア」を開催した。

「敏感を愛そう。」には、これまで"弱さ"として捉えられがちだった"敏感"を、弱さではなくありのままを感じられる"繊細さ"という新しい価値観と捉え直し、敏感な自分も好きになってほしいという想いが込められている。

デジタルとは真逆の"本"を選択 自分自身と向き合うきっかけに

今回のキャンペーンは、イラストエッセイスト・コラムニストの犬山紙子さんと、紀伊國屋書店の店員が、「敏感を愛そう。」をテーマに本を選出。キャンペーンを展開した書店には特設コーナーを設置したほか、商品購入者にフリープラスオリジナルのしおりとブックカバーをプレゼントするというもの。東京・大阪・名古屋・福岡の主要店舗約70店で展開した …

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

EDITOR'S PICK キャンペーンの記事一覧

EDITOR'S PICK キャンペーンの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する