広告マーケティングの専門メディア

著者インタビュー

小売業は「変化対応業」 百貨店から社会の変化を読み解く

伊藤元重氏

百貨店の進化
● 著者/伊藤元重
● 発行所/日本経済新聞出版社
● 価格/1800円(税抜)

消費者、テクノロジー、そして何より社会環境の変化に合わせて、変革を繰り返してきた小売業。そして、変動の激しい小売業の中にあって100年以上、企業によっては江戸時代から存続し、今でも業界の中心的な位置を占めている業態。それが百貨店だ。

「消費小売は経済や社会の変化に敏感に反応します。本書ではデジタル技術革新、都市の構造、消費者の行動、グローバル化などの視点から、百貨店ビジネスがどのように変化していくのかを考察しました。ここで描かれていることは、消費小売全体にビジョンを提供するはずです」。こう説くのは、本書『百貨店の進化』の著者、伊藤元重氏。本書は、百貨店の現在を分析することで、そこからより広い視野での現代の小売業や日本経済の姿を映し出した一冊だ …

あと74%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

著者インタビュー の記事一覧

小売業は「変化対応業」 百貨店から社会の変化を読み解く(この記事です)
いま見直すべきCSR 人と、自然と共生する経営政策を
溢れるデータ、複雑化する問い 時代を拓く人口知能を支える統計学
ゲームは行為のデザイン 『あの名作』を芸術哲学の観点から紐解く
統計学だけでなく認知科学を応用 人の心のクセを読む、需要予測
脳科学の知見をマーケティングに応用 消費者の「こころ」をつかむ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する