広告マーケティングの専門メディア

宣伝会議賞

6回連続、コイントスで表を出す方が簡単!? 宣伝会議賞一次審査通過の難易度

小杉のぶ子氏(中央大学)

51万7329点(中高生部門の応募数を除く)の応募があった第56回「宣伝会議賞」。このうち一次審査通過作品は5555点と、今年も通過率にして約1.1%の狭き門となりました。一次審査通過は、いったいどれほど難しいことなのか。本稿では中央大学の小杉のぶ子教授が、身近な例をもとに確率論の観点から解説します。

一次審査通過は数字以上に難しく、すばらしいこと

一次審査を通過された皆さん、おめでとうございます。確率論的な観点においても、約1.1%という通過率はかなり低いものだと言えます。皆さんがイメージしやすいよう身近な例で置き換えて考えてみましょう。

例えば「トランプ」。4種類のスート(ハート、スペード、クラブ、ダイヤ)に、それぞれ1(エース)から13(キング)までの数字が記された、52枚のカードがありますよね。52枚のカードを全て裏返して並べ、その中から指定された1枚のカード、例えば「ハートのエース」を1回で引き当ててくださいと言われたら、皆さんは当てられる自信はあるでしょうか(図1)

図1 52枚のトランプのカードの中からハートのエースを1回で引き当てる確率

確率を計算すると、1回で引き当てられる確率は約1.92%(=1/52)ですので、「宣伝会議賞」の一次審査通過率のほうが低いことが分かります。仮にジョーカーの2枚を入れたとしても結果はさほど変わりません。

次に確率計算の問題で頻繁に取り上げられる「コイントス」を例に考えてみます。コインの表と裏が出る確率は、それぞれ1/2とします。コイントスで、コインの「表」を連続で出そうと思った時、皆さんは何回なら連続で出せると思いますか。チャンスは1度きりです。3回連続や4回連続で表を出すことも、かなり難しいと予想されるのではないでしょうか …

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝会議賞 の記事一覧

プロが教える「宣伝会議賞」の攻め方 商品の実体験から本質が見える
6回連続、コイントスで表を出す方が簡単!? 宣伝会議賞一次審査通過の難易度(この記事です)
第56回「宣伝会議賞」学生企画、今年の1位を発表!!
第56回「宣伝会議賞」一次審査通過作品数発表
応募者の皆さんに聞く!『宣伝会議賞あるある』と賞金の使い道
企業の要望をくみ取り、寄り添う経験に ゼミ生全員で課題に取り組む理由
自信作が受賞できないのは当たり前 コピーは『書く』よりも『選ぶ』ほうが難しい
2カ月間の「宣伝会議賞」の挑戦は、何を残してくれる?
受賞後にも広がる可能性 自主プレゼンで企画が採用に
まもなく審査がスタート 協賛企業に聞く、作品の選考方法
第56回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(9)
第56回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(8)
第56回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(7)
第56回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(6)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する