広告マーケティングの専門メディア

ブランディングから「BRAND+ing」 の時代へ

パーソナルな関係を築くためのブランド表現方法とは

大島 由久氏(ランドーアソシエイツ)

前回は、ブランド戦略の考え方「Brand+ing」の"ing"において、まず前提として理解すべき、強いブランドを創るための条件「Relevant Differentiation(適切な差別性)」について解説しました。今回はブランドのストーリーに共鳴し、共創していくためのアプローチの仕方について解説していきます。

目指すべきは人間味あふれるブランド表現

ブランド戦略を打ち出す際、大切にすべきことは、ブランドがパーソナルな関係を一人ひとりの顧客と築き上げることです。そのために、ブランドがどのような表現をし、ブランドに関わる全ての担当者が一貫して発信できるフレームワークを考える必要があります。このアプローチなしに各々がブランドを発信すると、ブランド表現が乱立し、イメージの蓄積を効果的に行うことはできません。それではブランドは、どのような表現を心がけるべきか。答は非常にシンプルで、「人間味あふれるブランド表現」となります …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ブランディングから「BRAND+ing」 の時代へ の記事一覧

パーソナルな関係を築くためのブランド表現方法とは(この記事です)
ブランドエクスペリエンスのカギは適切性と差別性
ブランドの核をつくるポイントはシンプリシティ
ブランドの一貫性を導き出す、6つの原則とは?
ブランディングから「BRAND+ing」 の時代 日本のブランドを取り巻く3つの変化

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する