広告マーケティングの専門メディア

著者インタビュー

いま見直すべきCSR 人と、自然と共生する経営政策を

松野 弘 氏

「企業と社会」論とは何か CSR論の進化と現代的展開
● 著者/松野 弘
● 発行所/ミネルヴァ書房
● 価格/3500円(税抜)

次から次へと明るみになる企業の不祥事。これらのケースの中には、社会貢献や社会的課題の解決を企図し、環境問題の対策部門あるいはCSR(企業の社会的責任)部門を設置しているような大企業も散見される。

本書『「企業と社会」論とは何か』は、CSR論の視点から、企業不祥事を防ぐための理論的・実践的な方策を著した一冊。

著者の松野弘氏は、「近年の相次ぐ企業不祥事は、結局のところCSRを単なる対外的なPRのレベルで捉え、企業を取り巻くさまざまな社会的課題に企業自身が積極的に取り組んでいくことを回避していることに起因しています。本書では『企業の社会性』、つまり社会的存在としての企業が果たすべき社会的使命や社会的役割をCSR論の歴史的背景、理論的・実践的な進化の過程から分析し、これからのCSRのあり方、すなわちポストCSR論の新しい方向性として、「企業と社会」論や「ソーシャル・マネジメント論(社会的経営論)の視点や考え方を提示しました」と話す。

CSR論は20世紀初頭の米国で、本来、社会的存在である企業の行き過ぎた経済権力、そして利益至上主義的な経営姿勢を政府や消費者が法的に規制しようとしたことに始まっている …

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

著者インタビュー の記事一覧

いま見直すべきCSR 人と、自然と共生する経営政策を(この記事です)
溢れるデータ、複雑化する問い 時代を拓く人口知能を支える統計学
ゲームは行為のデザイン 『あの名作』を芸術哲学の観点から紐解く
統計学だけでなく認知科学を応用 人の心のクセを読む、需要予測
脳科学の知見をマーケティングに応用 消費者の「こころ」をつかむ
時代で変わる女性の生き方 将来世代が考える次世代の「女子力」とは

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する