広告マーケティングの専門メディア

Pick Up!(PR)

4社が語る、マーケティング事例やマーケティングの本質・成功のポイントとは

CCCマーケティング/BitStar/ビモクリ/ブレインパッド

2009年にスタートし、9回目を迎えた「宣伝会議サミット2018」。宣伝会議では、2018年11月14日、15日の2日間にわたり、ANAインターコンチネンタルホテル東京にて開催した。本サミットでは、広告・マーケティングの領域で、日々刻々と変わる環境に、力強くもしなやかに対応し、成果を出しているマーケティング・宣伝部門の担当者が登壇。成果を上げた事例のHow toのみならず、仕事に臨むマインドセットについて紹介した。その講演の一部をレポートする。

TV視聴データと購買データの連携で広がるマーケティング戦略の可能性

CCCマーケティングが展開するTポイントサービスは、現在約6,700万人の購買データを有する。そのうち、テレビの視聴データと購買データがつながっているのは20万人だ。CCCマーケティングが取得しているテレビの視聴データは、地上波はもちろんBSやCS、録画までテレビに映るもの全てにわたり、1秒単位で視聴率がわかる。同じ番組やテレビCMを何回見たかというリーチ率も把握できるという。

これらのデータを使えば、どのテレビ局のどの時間帯にCMを流せば多くのターゲットに訴求できるかが分析できる。また、CMを視聴した前後の購買データから、その人がCMを見て購入したのか、普段から購入しているのかも特定が可能だ。

    お問い合わせ

    CCCマーケティング株式会社
    〒150-0036 東京都渋谷区南平台町16-17 渋谷ガーデンタワー8F
    TEL:03-6800-4904
    URL:https://www.cccmk.co.jp


フォロワー数や再生数だけで判断しないインフルエンサーマーケティングの秘訣

インフルエンサーマーケティングに興味を持つ企業が増えている中、BitStar 新規事業責任者 兼 IPRプロデューサー 植田和臣氏は「正しい理解がないまま発注判断がされていることが多い」と指摘する。植田氏によると、フォロワー数をベースとした見積もりや、提示される実績が再生数のみの提案には乗るべきでないという。

インフルエンサーマーケティング成功のポイントは4つ。明確なKPIの設定、目的に合わせたSNSの選定、ファン属性などが最適なインフルエンサーの選定、KPIに近づく企画の立案だ。同社が無料で提供しているツール「IPR」は、インフルエンサーやコンテンツのデータを解析して提示。インフルエンサーの選定やエンゲージメントの確認に利用できる。

    お問い合わせ

    株式会社BitStar
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-17-5 シオノギ渋谷ビル6F
    TEL:03-4520-5777
    E-mail:info@bitstar.tokyo
    URL:https://corp.bitstar.tokyo


企業の潜在価値の開発が顧客の態度変容を起こす

デジタルマーケティングが進展したが、相変わらず手詰まり感が漂っている。「問題は、最も本質的な部分、態度変容に効果的なメッセージの開発に切り込めていないからだ」と、ビモクリ 代表取締役社長 平野淳氏は指摘する。

態度変容を起こすためには、顧客が知らず、かつ重要と感じる情報を伝える必要がある。それは、「顧客自身も気づいていない潜在問題」や、「企業に埋もれている潜在価値」といった情報であり、発見するためには、自社の社風や商品開発の発想など自社の潜在的な資産を振り返ることから始めると良い。その価値をコンテンツに反映して顧客に伝えた結果、カゴメの「野菜一日これ一本」では約90%の顧客が態度変容し、購入率は128%上がったという。

    お問い合わせ

    株式会社ビモクリ
    〒107-0062 東京都港区南青山3-1-3 スプライン青山東急ビル6F
    TEL:03-4577-8999
    FAX:03-4333-7433
    E-mail:info@bimocre.com
    URL:http://bimocre.com/


ソーシャルリスニングツールの活用で顧客の隠れた本音を導き出す

顧客のインサイトや反響などを調べる際に、今やSNSからの情報収集や分析は欠かせない。SNSであれば、聞き出しにくい本音も何気ない投稿から見つけることができる。SNSの情報収集には、ソーシャルリスニングツールが便利だ。ブレインパッド提供の「Crimson Hexagon」には、2010年7月以降のTwitterの投稿を100%収集できる、投稿が持つ感情の評価軸を設定できる、画像からも情報を収集できるといった特徴がある。

このツールの使用事例としてコカ・コーラは、ドリンクバーを盛り上げる企画を立てる際、「混ぜる」「つくる」という関連ワードを導き出し、ドリンクバーの飲みものを混ぜてつくる「モクテル」を推奨するキャンペーンを実施したことを紹介した。

    お問い合わせ

    株式会社ブレインパッド
    〒108-0071 東京都港区白金台3-2-10 白金台ビル3F
    TEL:03-6721-7002
    E-mail:info@brainpad.co.jp
    URL:https://www.brainpad.co.jp/

Pick Up!(PR) の記事一覧

4社が語る、マーケティング事例やマーケティングの本質・成功のポイントとは(この記事です)
デジタルを活用した4社の多様なマーケティング
SNSの特性を生かしてユーザーに効果的に訴求する
消費者の行動や体験を重視したコミュニケーション戦略
ブランド戦略とCX(顧客体験)向上の鍵とは
マーケティングや広告の成果を上げるデータ連携や広告設計とは
デジタルを利用して顧客体験向上を目指す
ユーザーインサイトを重視し的確なマーケティングを実施
オムニチャネル化を手段として活用 顧客満足を高める小売りのマーケティング
データを活用することで個人や場面に合わせたマーケティングが可能に
ワコールら実践企業が語る動画活用の最新事例
オリジナルキャラクターでブランドのファンをつくる
初挑戦のママ向けWeb動画で「薬用ソフレ」EC売上が前年比179%に
ヘルスケアマーケティングと動画配信マーケティングの最先端
位置情報やタクシーのOOHを活用したマーケティング
ハッシュタグ検索が世界平均の約3倍 能動的な日本のInstagramユーザーの今
明確なF2層へのターゲティングの姿勢 コーセーが感じた「Dlife」の強みとは
イノベーションをもたらすチームワークのキーワードは「協働性」と「能動性」
「Autonomous」データベースへの進化 高まる『連携』の必要性
広告、そしてクリエイティブはどこへ向かう?2019年の日本そして世界の潮流を予測
メディア単位からコンテンツ単位へ 進化するブランドセーフティ
スマホ時代、メディアと広告主のあるべき理想の関係性とは?
レシピ動画で新商品の課題を解決!オタフクソースが関東での売上拡大を実現
次の施策、そして売上につながるデータとは?
AIに何を学ばせればよいのか?運用型広告の成果を高めるポイント
広告の貢献度を高めて課題を解決 広がるGoogleアナリティクス360の活用法
美容オタクが集まる「MimiTV」を活用 花王の「スモールマス」戦略
シズル感あるパフェ動画で興味を喚起 ミニストップのF1層の店舗送客プロモーション
次世代CMOが学びを深める──第2回「CAMP TOKYO」が開催に
今だからこその思い「しなきゃ、なんてない。」 ブランドパーパスを込めたLIFULLのCM
ガストと挑戦! ママ向けの新たな施策 サービス理解が深まる利用シーンを創出
動画で「つくってみたい!」を醸成 パッケージにレシピで流通商談にも活用
Hyper Islandの創業者が来日 必要なスキルや変化に臨むマインドセットとは

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する