広告マーケティングの専門メディア

MARKETING DATA

大学生の大半が意識的にキャラクターの使い分け

東京広告協会が指導する「大学生意識調査プロジェクトFUTURE2018」は、首都圏の大学生1,000人を対象に「大学生の『人間関係とキャラクターに関する調査』」を実施。調査の結果、大学生の53.0%が「"キャラクター"を使い分けている」ことが明らかとなった。キャラクターを使い分けないと認識している学生も69.4%が「グループによって話し方やメール等の使い方を変える」と回答。使い分ける理由については「自身の立ち位置を作るため」「周りの人に歩み寄るため」という意見が多くみられた …

あと39%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

MARKETING DATA の記事一覧

音源・音楽コンテンツの利用は「動画共有サイト」が1位
大学生の大半が意識的にキャラクターの使い分け(この記事です)
約9割のママ・パパがSNS利用 信憑性には疑いの声
「電子書籍」利用者の6割が「コミック・マンガ」を読書
交通・航空系モバイルアプリ 4割強が知らないという結果に
英語が使えずに困った経験があるビジネスパーソン4割強
eスポーツ認知は4割強 スポーツ競技とはとらえにくい
今や男性が料理は当たり前!? 約8割が週1回以上料理
持っていくものは「携帯電話」 情報収集は「テレビ」が1位
シニア世代の約4割がLINEを利用、きっかけは家族
ミニマリストは「気に入ったものへの出費は惜しまない」
子どもにさせたいスポーツは男女ともに「水泳」がトップ
働く男女のお昼ごはん事情、ランチ接待で半数以上が「仕事が成功」と回答

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する