広告マーケティングの専門メディア

Pick Up!(PR)

AIに何を学ばせればよいのか?運用型広告の成果を高めるポイント

メディックス

メディックスは10月25日、東京・表参道の宣伝会議にて「AI時代の機械学習を活用した効率的な広告配信手法」をテーマにセミナーを開催した。機械学習を使った広告配信の自動最適化のソリューションの仕組みや活用について、事例を交えながらポイントが解説された。

メディックス 第3営業部 部長 當流谷圭氏による講演の様子。

同じルールで自動化してもパフォーマンスに違いが出る

デジタルマーケティングにおけるソリューションをワンストップで提供するインターネット広告会社のメディックスは、機械学習を活用した効率的な広告配信手法をテーマにセミナーを開催した。

セミナーの冒頭ではメディックスの當流谷圭氏が、具体的にAIに何を学ばせると広告配信における自動最適化の成果を高められるのかを説明した。

同氏はGoogle広告で自動入札を行った時の成功事例、失敗事例を紹介。同じようなルール型の運用をしていたアカウントが自動入札を導入した結果、明暗が分かれたことから「自動化するだけで全てがうまくいくわけではない。機械学習の内容が重要になる」と述べた。

さらに、機械学習の成果を上げるための5つのポイントを提示。「①機械化のしくみを理解する、②機械が判断できるだけのデータ量を確保する、③関連性の低いクエリは除外するなどデータの質を確保する、④極端な目標設計をしない、⑤学習期間の初動は大幅に配信が伸びるが数日で落ち着き始めるので一喜一憂しない"慌てない心構え"が大事」と説明した。

當流谷氏は機械による自動化が進む時代に求められる広告会社の役割についても触れ、「広告配信の自動化が一般化した際に、広告会社など運用者に求められることは、日々のメンテナンスやさらに良いデータを与えて設計していくことはもちろん、運用に追われ、向き合いきれていなかったクライアントビジネスの本質的な課題に向き合っていくこと。高度なマーケティング支援を行うため、運用者は視座を上げていくことが必要となる」と述べた。

最後に「機械学習は身近なものになっている。目的を持って活用することが重要。5つのポイントを実施すれば機械学習の効果を上げることが可能だ。ぜひトライしてほしい」と結び、セミナーを終えた。

メディックス 第3営業部 部長 當流谷圭氏。

    お問い合わせ

    株式会社メディックス 第3営業部 當流谷 圭(とうりゅうだに けい)
    TEL:03-5565-3153
    URL:https://www.medix-inc.co.jp/
    E-mail:info09@medix-inc.co.jp

Pick Up!(PR) の記事一覧

次の施策、そして売上につながるデータとは?
AIに何を学ばせればよいのか?運用型広告の成果を高めるポイント(この記事です)
広告の貢献度を高めて課題を解決 広がるGoogleアナリティクス360の活用法
美容オタクが集まる「MimiTV」を活用 花王の「スモールマス」戦略
シズル感あるパフェ動画で興味を喚起 ミニストップのF1層の店舗送客プロモーション
次世代CMOが学びを深める──第2回「CAMP TOKYO」が開催に
今だからこその思い「しなきゃ、なんてない。」 ブランドパーパスを込めたLIFULLのCM
ガストと挑戦! ママ向けの新たな施策 サービス理解が深まる利用シーンを創出
動画で「つくってみたい!」を醸成 パッケージにレシピで流通商談にも活用
Hyper Islandの創業者が来日 必要なスキルや変化に臨むマインドセットとは
履き古した「#ゾンビコンバース」で、ブランドとの絆が生まれた
マスだけではメッセージが届きづらい現代 必要なのは「ファンベース」のアプローチ
花王「JERGENS」×C CHANNEL 統括的コミュニケーションでF1層に世界観を届ける
さらなる活用が見込まれるジオマーケティング
男性のインサイトを捉える コンテンツマーケティング最前線
コミュニティの『熱量』を活用し、購買に至る態度変容を促す 資生堂のCtoC戦略
日産がファミリー向けイベントを動画で訴求 昨年比108%の来場者数を記録
消費者目線でブランドの価値を見直す──アダストリア、近畿大学、小林製薬の戦略
売上に貢献するデジタルシフトを具現化 次世代の組織づくりとパートナーシップとは
『DELISH KITCHEN』がライフと協業 全国269店舗にデジタルサイネージを導入
成功企業に聞く、SNSの活用法 体験価値を最大化するCX戦略
目的に合わせた動画でユーザーとの心の距離を縮める、コーセーの戦略

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する