広告マーケティングの専門メディア

EDITOR'S PICK キャンペーン

貝印 身近に隠れる「KAI」マークを探して商品ゲット

貝印「『#隠れKAI』を探せ!キャンペーン」

貝印公式SNSアカウントをフォローし、貝印製品を見つけて投稿、もしくはシェアすると商品が当たるキャンペーンを実施。

100年以上続く老舗刃物メーカー 社名イメージの希薄さが課題

貝印は、貝印公式SNSアカウントをフォローし、貝印商品を見つけて投稿またはシェアすると商品が当たる「『#隠れKAI』を探せ!キャンペーン」を実施した。

同社は2018年に創業110周年を迎えた老舗の総合刃物メーカーだ。商品の企画開発から生産、販売、物流までの一連を担う唯一の刃物関連メーカーとして世界約90カ国の国と地域に事業を広げている。「旬」や「関孫六」などに代表される包丁のシリーズや、女性用使い捨てカミソリ市場で高いシェアを誇る「Pretty」シリーズなど、どの家庭にもあって当たり前と言えるほどになっている。

しかし生活に溶け込むがゆえの悩みを抱えていたと貝印 広報宣伝部の藤野倫氏は言う。「快適な暮らしに欠かせない刃物を中心に約1万アイテムを展開しているので、必ずと言って良いほど自宅や身の回りに貝印のアイテムがあるはずなんです。でも消費者の皆さまにとって、『貝印』の製品であるというイメージがなく、印象が薄いのではないかと感じていました」(同氏)。

そこで、貝印のアイテムに施されている「KAI」というロゴを見つけて投稿するキャンペーンを企画した。「普段は意識しづらい貝印の存在に改めて気付き、実は生活のそばに貝印があることを知ってもらうとともに、関心や愛着を持っていただきたいという願いを込めて本キャンペーンを企画しました」(同氏)。

消費者のエピソードが社内を活性化した

キャンペーンでは、身近に隠れる「KAI」マークを探してInstagramやTwitterといったSNSに投稿してもらう仕組みとして「#隠れKAI」というハッシュタグを設定した …

あと57%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

EDITOR'S PICK キャンペーン の記事一覧

Indeedの特別求人「たくみひろい」 ハロウィン翌日に清掃活動
ハローキティ45周年記念企画 10000体のキティがギフトリレー
貝印 身近に隠れる「KAI」マークを探して商品ゲット(この記事です)
ミズノ「ブレスサーモ」25周年 松岡修造が熱すぎるサンタに変身
パナソニックの調理家電の魅力を女性誌発インフルエンサーが発信
Airbnbが新しい旅のカタチを提案 法改正後、初のキャンペーン
ダイエットをサポートするアプリで飲用習慣の定着にも貢献
「甘栗むいちゃいました」20周年を記念した限定パッケージ
賞品は「月面の土地所有権」 地球防衛描く、CMの世界を表現
安室奈美恵さんの軌跡を振り返り 感謝の気持ちを伝える
社員は子供だけ 赤城乳業が「赤子乳業」を設立!?
ソーシャル上で話題が拡散 養命酒と会話ができる「AI養命酒」
「シミたらシュミテクト」 知覚過敏体験イベントを開催
じゃがいもとの対立構造が話題! カルビー「さつまいも推し宣言」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する