広告マーケティングの専門メディア

宣伝会議賞

受賞後にも広がる可能性 自主プレゼンで企画が採用に

郡司嘉洋氏(アーツ)

「宣伝会議賞」の「協賛企業賞」を受賞したのち、自らが持ち込んで提案したプレゼンが広告採用されるというドラマチックな展開に。その経緯や、その後の取り巻く環境や自身の変化など、郡司嘉洋氏に詳しく話を聞きました。

自主プレゼンを通じて、実際に起用された「トレードステーション」の広告クリエイティブと、新しいロゴ。

アイデアの提案をされて嫌がる企業はない

コピーライターを目指す人から、プロまで、毎年多くの方がしのぎを削る「宣伝会議賞」。

制作会社に勤務する郡司嘉洋氏は、第55回「宣伝会議賞」において協賛企業のひとつ、マネックス証券の課題で「協賛企業賞」を受賞した。同氏はこれをきっかけに、受賞作品を使用した広告クリエイティブを制作、マネックス証券に自主プレゼンを行った。

受賞作品の広告起用には至らなかったものの、郡司氏は別の機会に紹介されたトレーディングツール「トレードステーション」を商材に広告クリエイティブを再度自主制作、自主プレゼンした。その際、提案した広告クリエイティブが、見事に広告に起用された。

一連の自主プレゼンを行うことになった経緯を郡司氏は次のように話す。

「きっかけは贈賞式のパーティの場でマネックス証券の山田真一郎さんとお話をしたことでした。私も10年間株取引をしていることを話したところ、意気投合。制作会社で働いているので、いつか一緒に広告制作ができればよいですね、という話になりました」。

自身の経験の中で感じていたことは、トレーダーの約9割は満足のいく結果が出せていないということ。投資は危ないと思われがちだが、一方で自分の人生を助ける心強い味方にもなる。だからこそ、トレーディングの魅力を、もっと多くの人に理解してほしいと考えたのだという …

あと70%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝会議賞 の記事一覧

2カ月間の「宣伝会議賞」の挑戦は、何を残してくれる?
受賞後にも広がる可能性 自主プレゼンで企画が採用に(この記事です)
まもなく審査がスタート 協賛企業に聞く、作品の選考方法
第56回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(9)
第56回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(8)
第56回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(7)
第56回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(6)
コピーの書き方を教える「出張授業」開催
第56回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(5)
人生を諦めかけたときに受賞したグランプリ 「宿敵」へと挑む思いが原動力になった
第56回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(4)
初めて応募する方も、常連の方も必読!? 「宣伝会議賞」の歴史と成り立ち
第56回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(3)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する