広告マーケティングの専門メディア

ワールド・レポート

カンヌライオンズ2018 新設部門に見る広告の最前線

6月に行われた世界最大規模の広告賞「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」。今年は部門構成に大きな変化があり、賞は26部門に再編され、各部門はさらに9つのトラックに分けられた。前号に引き続き同広告賞を扱う今号では、今年新設された5部門の最高賞受賞作品を紹介する。

01 ブランデッドエクスペリエンス&アクティベーション部門:Apple
実店舗の存在を最大限に生かす、アップルのブランディング

Apple「Today at Apple」


1945年、当時最大のメディアであった劇場広告のフェスティバルとして始まったカンヌライオンズ。その後、多様に変化する広告・クリエイティブ業界と、それを取り巻く社会環境に応じ、対象領域を広げてきた。今年の再編に伴い整理された各部門は、(1)コミュニケーション、(2)クラフト、(3)エンターテインメント、(4)エクスペリエンス、(5)グッド、(6)ヘルス、(7)イノベーション、(8)インパクト、(9)リーチの9つのトラック領域に分けられた。

中でもエクスペリエンス領域では、2部門が新たに設置された。そのひとつ、ブランデッドエクスペリエンス&アクティベーション部門は、エクスペリエンスデザインや顧客エンゲージメントを基軸とする。デジタル技術や店舗体験などを通じ、創造的かつ包括的にブランド構築をした取り組みに贈られる賞とされ、McCann Worldgroup グローバル・クリエイティブ・チェアマンのロブ・ライリー氏が審査委員長を務めた。

第一号グランプリは、アップルが各店舗で展開する教育プログラム「Today at Apple」が獲得した。同プログラムは2016年、米国サンフランシスコの店舗オープンに際し、従来行われていたワークショップに代わって立ち上げられたもの。Appleの各商品の使い方をレクチャーする基本のセッションから、オリジナルの曲を作成できるMusic Lab、写真家とのPhoto Lab、街に出て絵を描くSketch Walks、子供向けのKids Hourなど、様々なプログラムがある …

あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ワールド・レポート の記事一覧

カンヌライオンズ2018 新設部門に見る広告の最前線(この記事です)
部門再編 変化する カンヌライオンズ2018
D&ADアワード受賞作品に学ぶ 新たな顧客体験を生むアイデア
The One Show 受賞作品に見る、クリエイティブの力
ADFEST 2018 受賞作品に見る、アジアの広告キャンペーンのいま
Agency A-List 2018に見る、注目のエージェンシー

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する