広告マーケティングの専門メディア

宣伝会議賞

学生がプロの仕事術に迫る! コピーライターの仕事場訪問

応募者の中でも特に学生の皆さんは、憧れのコピーライターの方たちが普段どのような場所でアイデアを生み出し、コピーを書いているのか、なかなか想像がつかないのではないでしょうか。そこで、前回の「宣伝会議賞」の大学生チーム対抗企画の優勝チーム、「ゴセンボンノック」の3名が、第一線で活躍するコピーライター道面宜久氏の仕事場に訪問し、コピーや言葉について話を聞いてきました。



Respondent

TUGBOAT2
クリエイティブ・ディレクター/コピーライター
道面宜久(どうめん・のりひさ)氏

1972年生まれ。主な仕事にキユーピー、小田急電鉄、NTTドコモ、キヤノンなどがある。TCC新人賞など受賞。

    Q. 道面さんの考える「良いコピー」について教えてください。

    大学4年生
    北浦 俊さん

    A. 商品もしくはブランドに何かプラスの作用があるものが最終的には良いコピーだと思っています。

    難しいですね。まず、商品が売れるコピーは良いコピーです。結局、商品が売れなければ広告としては意味がないと思います。さらに、書く力だけでなく、たくさん書いたコピーの中から「選ぶ」センスも必要になりますし、コピー単体で見たときには強くなかったけど、例えばビジュアルとかストーリーの中に落とし込むことでコピーが強い言葉になることもあります。なので、いろんな方向から良し悪しが考えられます …

あと72%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝会議賞 の記事一覧

総勢111名による審査 第56回「宣伝会議賞」審査員紹介
学生がプロの仕事術に迫る! コピーライターの仕事場訪問(この記事です)
第56回「宣伝会議賞」、私の「頑張る!」宣言
グランプリは、背中を押し、自分を叱咤してくれる、鬼嫁のような存在
谷山雅計さん、秋山具義さんに聞く、第56回「宣伝会議賞」ポスター撮影の舞台裏
第56回「 宣伝会議賞」イメージガール、清原果耶さんインタビュー
実際の広告に起用された、第55回「宣伝会議賞」応募作品紹介
18課題で作品募集 今年も開催!宣伝会議賞「中高生部門」
第56回「宣伝会議賞」作品募集開始!
第55回「宣伝会議賞」贈賞式レポート【6】─次審査員より講評(2)、中高生部門審査講評
第55回「宣伝会議賞」贈賞式レポート【7】─最終審査会、パーティーを実施
第55回「宣伝会議賞」贈賞式レポート【4】─シルバー・ファイナリスト18作品、発表
第55回「宣伝会議賞」贈賞式レポート【5】─次審査員より講評(1)
第55回「宣伝会議賞」贈賞式レポート【3】─最終審査員が語る、審査講評
第55回「宣伝会議賞」贈賞式レポート【2】─各賞、受賞者を発表!
「第55回宣伝会議賞」贈賞式レポート【1】─贈賞式当日、グランプリ作品が発表に

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する