広告マーケティングの専門メディア

マーケターのための事業構想

ベンチャー型事業承継で成長 進化する老舗石鹸メーカー

木村祥一郎氏(木村石鹸工業)

大正13年創業の老舗石鹸メーカー「木村石鹸工業」。経営環境は悪化する中、事業を承継した木村祥一郎氏は、新規事業・ブランドづくりを推進し、会社を成長させている。

職人が手作業で油脂を煮固める「釜焚き製法」にこだわっている。

大阪府八尾市に本社をかまえる木村石鹸工業は、今もなお、職人が手作業で「釜焚き製法」によって石鹸を製造。高い品質基準、安全基準が要求される生協・コープ向けの洗剤・化粧品などの家庭用品や、クリーニング店などで使われる業務用洗浄剤などの業務用品を自社で企画開発から製造まで担っている。海外進出にも取り組んでおり、近年では急成長している中国EC市場を通じた輸出も手掛ける。

同社を率いるのは木村祥一郎氏。学生時代にIT企業イー・エージェンシーを創業し、副社長として18年間経営。2013年に家業である木村石鹸工業に入社し、2016年に代表取締役社長に就任した経歴の持ち主だ。OEMを中心とした不安定な経営環境を改善するために、新規事業・自社ブランドを立ち上げ、社内に新風を吹き込んでいる。

「毎年値下げを要求され、売上が落ちていく中、新規事業・新しい販路が必要でした。今の会社の規模ではドラッグストアやホームセンターのように大きな市場では戦えません。そこで、今の規模で対応でき、手間がかかるため大手が敬遠する雑貨屋・インテリアショップ向けのブランドを開発しました」と木村氏 …

あと54%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

マーケターのための事業構想 の記事一覧

ベンチャー型事業承継で成長 進化する老舗石鹸メーカー(この記事です)
VR本格普及はいつ?「VR界のWordPress」が描く未来
世界初、ロボットのユニフォームを開発 未来社会をデザインする
ブランディングで過疎化と戦う ヴィンテージ日本酒「夢雀」の挑戦
「忙しい人に栄養のある食事を」フードテック企業発・健康になるパスタ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する