広告マーケティングの専門メディア

ワールド・レポート

部門再編 変化する カンヌライオンズ2018

世界最大級の広告賞「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」が6月、開催された。開催期間が5日に短縮され、部門が9つに再編されるなどの変化があった今年。国別受賞数は最多順に米国、英国、ブラジルで、日本は21点だった。ここではデジタル領域を中心に注目部門のグランプリ作品を紹介する。

01 ソーシャル&インフルエンサー部門:Wieden+Kennedy London
ロンドンっ子たちの心をつかんだナイキの戦略

NIKE 「Nothing Beats a Londoner」


「ソーシャルメディアがいかにクリエイティブに影響を与えているかを示している」。英国アドエイジ誌は、再編によるソーシャル&インフルエンサー部門の新設をこう説明した。審査員長を務めたFacebookバイスプレジデント兼チーフクリエイティブオフィサーのマーク・ダーシーは、その選考過程について同誌に「自分たちがしたいことを伝えたブランド」ではなく「アクションを起こしたブランド」に注目したと語っている。

第1号グランプリを獲得したのは、Wieden+Kennedyが仕掛けたナイキの動画キャンペーン。若者の間でブランド・ポジショニングを再構築するため、ソーシャルメディアを活用しエンゲージメントを高めた事例だ。

他のブランドがセレブをキャンペーンの主役にする中、ナイキはロンドンに暮らす普通の若者たちを中心に据えた。広がる格差、成功することへのプレッシャー。スポーツ向きとは言えない気候や厳格な両親。こうした環境に抗いながらスポーツに打ち込む若者が秘める、アスリート精神にスポットライトを当てている …

あと70%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ワールド・レポート の記事一覧

部門再編 変化する カンヌライオンズ2018(この記事です)
D&ADアワード受賞作品に学ぶ 新たな顧客体験を生むアイデア
The One Show 受賞作品に見る、クリエイティブの力
ADFEST 2018 受賞作品に見る、アジアの広告キャンペーンのいま
Agency A-List 2018に見る、注目のエージェンシー
スーパーボウル2018で注目された、アイデアあふれるユニークCM

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する